Retail

今度はチキン! 『スーパーサイズ・ミー』の続編 —— 写真で見るナゲットの製造工程

『スーパーサイズ・ミー』の監督が、再びファストフード業界を追う。

McDonald's Canada

2004年に公開され、ドキュメンタリー映画としては大ヒットとなった『スーパーサイズ・ミー』。監督のモーガン・スパーロック(Morgan Spurlock)氏が、再び、マクドナルドを批判した同作の続編でファストフード業界に迫る。

次の標的は、チキンだ。

続編のタイトルは『スーパーサイズ・ミー2:ホーリー・チキン!(Super Size Me 2: Holy Chicken!)』。ファストフードチェーンの大手が、どのようにしてチキン製品を開発、製造、販売しているかに迫る。9月に開催される第42回トロント国際映画祭(TIFF)で初公開される。ヴァラエティ(Variety)が報じた

どのファストフードチェーンを取材したのかはまだ明らかにされていないが、前作を踏まえると、同氏がマクドナルドを選んだ可能性は高い。

マクドナルドは最近、食品の製造工程の透明化に努めている。

マクドナルド・カナダがYouTube公式チャンネルで公開している動画を使って、同社の人気商品チキンマックナゲットの製造工程を紹介しよう。


この通称「ピンクスライム」が、チキンナゲットの原料であるという噂がある。しかし、マクドナルド・カナダのサプライチェーン・マネジャー、ニコレッタ・ステフォー(Nicoletta Stefou)氏は、「我々にはこれが一体何なのか、どこから出たものか分かりません。ですが、弊社のチキンマックナゲットとは一切関係ありません」と語った。

McDonald's Canada

チキンマックナゲットの製造は、丸鶏の骨抜き作業から始まる。

McDonald's Canada

「部位ごとに切り分け、チキンマックナゲットの原料となる胸肉を取り分けます」と語るのは、カーギル(Cargill)の製品開発に携わるジェン・ラビドー(Jen Rabideau)氏。

McDonald's Canada

胸肉から脂身を取り除き、製造ラインに流す。

McDonald's Canada

切り分けられた胸肉は容器の中に。

McDonald's Canada

容器は「調合室」へと運ばれる。

McDonald's Canada

調合室の正体は、ブレンダーまで肉を運ぶ巨大な装置。

McDonald's Canada

胸肉の入った容器が持ち上げられ、

McDonald's Canada

胸肉はミキサーに流し込まれる。

McDonald's Canada

ミンチにされた胸肉が出てくる。そしてブレンダーに。

McDonald's Canada

ブレンダーでは、調味料と鶏皮が風味付けのために加えられる。

McDonald's Canada

ブレンダーから取り出される。ステフォー氏の指摘通り、あのピンクスライムは見当たらない。

McDonald's Canada

まだ、チキンマックナゲットには程遠い。工程の続きを見ていこう。

McDonald's Canada

「成型室」では、風味付けされたミンチが4種類の形に成型される。チキンマックナゲットには、ボール、ベル、ブーツ、蝶ネクタイの形がある。

McDonald's Canada

薄い衣を付けるために製造ラインを下ってゆく。写真中央に見えるのが衣。

McDonald's Canada

さらに「天ぷら(tempura)」と呼ばれる、より厚めの衣を付ける。

McDonald's Canada

反対側から衣の付いたナゲットが出てくる。揚げる前は、少しシュガークッキーに似ている。

McDonald's Canada

揚げられたナゲットは、すぐに食べられそうに見える。だがまだ完成ではない。

McDonald's Canada

ナゲットを半分に割ってみると、中は半生。このまま冷凍され、各店舗へと送られる。店舗で調理されて、完成する。

McDonald's Canada

冷凍ナゲットは袋に入れられた後、箱詰めされ、出荷準備は完了。

McDonald's Canada

このような感じで店舗に届く。

McDonald's Canada

最後に、箱に出荷の印を付ければ、チキンマックナゲットの製造工程は完了。

McDonald's Canada

公式チャンネルのフル動画はこちら。

source:McDonald's Canada

[原文:A sequel to Super Size Me will go after fast-food chicken — here's how McDonald's nuggets are made

(翻訳:Ito Yasuko)