武邑 光裕さん

武邑光裕 [メディア美学者] (Mitsuhiro Takemura)

メディア美学者。千葉工業大学「変革」センター主席研究員。1980年代よりメディア論を講じ、インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディアやAIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。2013年より武邑塾を主宰し、2017年より、Center for the Study of Digital Life(NYC)フェローに就任。『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。近著に『さよなら、インターネット』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)、『プライバシー・パラドックス』(黒鳥社)がある。2015年よりベルリンに移住、2021年に帰国。

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み