大門小百合さん

大門 小百合 [ジャーナリスト、元ジャパンタイムズ執行役員・編集局長]

上智大学卒業後、1991年ジャパンタイムズに入社。報道部で政治、経済担当の記者を経て編集デスクとなり、2006年から報道部長、2013年執行役員・編集担当(編集局長)となり、同社で女性初の編集部門トップに就任。その後、論説室論説委員を経て2020年9月に独立。現在、フリージャーナリストとして英文、和文での執筆活動をしながらBusiness Insider Japanの編集にも携わる。
2000年、ジャーナリストにとって最も栄誉あるとされる米国・ハーバード大学のニーマンフェローシップに特別研究員として招聘され、ジャーナリズム、アメリカ政治を研究。2005年、キングファイサル研究所研究員として、サウジアラビアのリヤドに滞在し、現地の女性について取材、研究。2016年Forbes Japan主催「Japan Women Award革新をもたらすリーダー賞」受賞。
著書に『The Japan Times報道デスク発グローバル社会を生きる女性のための情報力』(ジャパンタイムズ)、『ハーバード大学で語られる世界戦略』(光文社)がある。