岡田充

岡田充 [共同通信客員論説委員] (Takashi Okada)

1972年共同通信社に入社。香港、モスクワ、台北各支局長、編集委員、論説委員を経て2008年から共同通信客員論説委員、桜美林大非常勤講師。著書に「中国と台湾対立と共存の両岸関係」「尖閣諸島問題領土ナショナリズムの魔力」など。「21世紀中国総研」で「海峡両岸論」http://www.21ccs.jp/ryougan_okada/index.htmlを連載中

安倍政権が一転、中国の「一帯一路」支持で動き出す経済界

RTS1J4ZS

習近平氏とトランプ氏

対北朝鮮は中韓ロに主導権が移った。日米の圧力路線は後退

  • 岡田充 [共同通信客員論説委員]
  • Nov. 17, 2017, 11:00 AM