寄稿者のための FAQ

BUSINESS INSIDER JAPAN では常に寄稿者を募集しているんですか?

はい。わたしたちがカバーする報道領域(テクノロジー、経済、政治、キャリア、ライフスタイルなど)に関して、常に寄稿記事の投稿を受け付けています。寄稿記事とは、寄稿者のみなさんが著作権を保持している「ブログ記事」や「他のメディアで執筆された記事」を意味します。BUSINESS INSIDER JAPAN では寄稿者のみなさんの許可を得た上で、それらの寄稿記事を再掲載いたします。

寄稿記事の投稿において、BUSINESS INSIDER JAPAN が求めているものは?

「慎重かつユニークな分析」「説得力のある鋭い意見」「内部事情を知る人によるスクープ」「専門家のアドバイス」です。速報はBUSINESS INSIDER JAPAN 編集部がカバーしますので、速報以外の貴重な知見を求めています。まずは、BUSINESS INSIDER JAPAN の記事をご覧いただき、わたしたちが日々配信している様々なストーリーがいかなるものかを感じていただければと思います。重要なのはクリエイティブな感性です。

どのように投稿すればよいですか?

bi_contributor@mediagene.co.jp にお名前と簡単な自己紹介、投稿記事(ブログポストなど)のURLを記したメールをお送りください。わたしたちは日々、たくさんの寄稿記事再掲載依頼を受け付けています。そのため、大変恐縮ですが、採用させていただく場合に限り、こちらから連絡をさせていただきます。

定期的に投稿している人はいますか?

はい。ブログや他のメディアで執筆されたコラムを定期的に投稿される方がいらっしゃいます。そのような方々は、多くの場合、専門家であり、著名人です。

他に何か知っておくべきことはありますか?

投稿記事に関して、わたしたちは必要に応じ、BUSINESS INSIDER JAPAN のスタイルに合うように見出し(タイトル)や本文を編集します。また、写真やチャートを追加することもあります。これらの編集は、寄稿者に事前に連絡し、了承を得た上で行います。また、記事の公開前に編集箇所をご確認いただく時間を確保します。

わたしたちが探しているもの:

  • わたしたちが探しているのは「ユニークな分析」「わかりやすい解説」「専門家の意見」です。BUSINESS INSIDER JAPAN のスタッフライターやエディターは日々、実に多くのトピックを扱いますが、仮に同じトピックであったとしても、専門家としての鋭い洞察に満ちた内容、あるいは、ユニークな切り口のコラムであれば、ぜひとも採用させていただきます。
  • 内部事情を知る人によるスクープ。他では見つけることができないユニークなニュースやストーリーを意味します。
  • ビジネス、財務、経済に関連する投稿。
  • 研究内容、または科学的知見。ポイントを箇条書きにして、読みやすくまとめてください。
  • レポート記事。企業や事件の関係者へのインタビュー取材を通して描くストーリーです。
  • 正確さ。表現、語彙、文法、および、事実の正確さは必須です。
  • 文字数。1500~3000字の投稿が採用されやすい傾向にあります。とはいえ、文字数は採用に関する必須の条件ではありません。メッセージをきちんと読者に伝えられる最低限の文字数を確保していただければと思います。

わたしたちが必要としていないこと

  • ニュース速報。ニュース速報はBUSINESS INSIDER JAPAN 編集部がカバーします。
  • よくあるテーマのリスト記事、Tips、ハウツー。
  • プロモーションのための投稿、スポンサードポスト。また、人材採用のツールとしての投稿もご遠慮ください。わたしたちは潜在的な利益相反を常に開示する必要があります。
  • 非常に個人的な投稿。わたしたちはみなさんの私生活に関心を持っていません。
  • 必要以上に技術的な言葉や、特定の業界だけに通じる種類の言葉。
  • 攻撃。個人的な攻撃、陰謀論、名誉毀損、無礼な言葉で書かれた投稿を採用することはありません。
  • 他人の知的財産を侵害する投稿。これには営業秘密、商標、あらゆる種類の著作権侵害が含まれます。
  • キーワードマーケティング、または有料リンク。プロモーション目的でSEO効果を高めるためのキーワードや、(ご自身、あるいは御社の)ウェブサイトに読者を誘導するようなキーワードやURLは追加しないでください。

Tech Insider / Finance