銀座最安? 奇跡のせんべろ居酒屋「ドラム缶」つまみ50円、サワー150円の破壊力

asahi

こんにちは。年間2,000軒ハシゴ酒をしている酒場案内人・塩見なゆと申します。

「昨日も銀座でさんざん飲んじゃってさ」。なんて言える日がやってくるのか。毎日飲み歩き過ぎて、お財布が寂しい筆者です。でも、「銀座でべろべろになっちゃって」と実は誰でも言えちゃうんです。

なんと酎ハイが150円の立ち飲み屋が銀座にあります。国内外のブランドの旗艦店が立ち並ぶ銀座。夜になると、妖艶なお姉さんたちがお客さんと同伴出勤する光景も当たり前、高級クラブのネオンも眩しい路地が広がる街。ここで本当にそんな店があるの?と思うかもしれません。

しかも、住所的には「GINZA SIX」のオープンで注目のエリア・銀座6丁目にあります。伝統ある公立泰明小学校の前を南へ。高級な料理屋を横目にたどり着く飲食店ビルの2階が酎ハイ銀座最安値(注:筆者調べ)の店、「ドラム缶」です。


momosakaba

毎日がまるで縁日

階段を登る前から聞こえてくる酔っぱらいの笑い声。ドラム缶で盛り上がる先客の皆さんの楽しそうな声に誘われて階段を登ります。店はさほど大きくなく、直線のカウンターにグループ利用にぴったりの店名通りのドラム缶が鎮座しています。

ウーロンハイ

早い時間から賑わう店内。客層は30代が中心で、高頻度で通う常連さんも多数。職業は様々ですが、場所柄仕事帰りのサラリーマンやOLが中心です。キチッとまじめに仕事をしていた人たちが、まるでダムが決壊したかのように笑顔ではっちゃけている様子は、まるでお祭り状態。

酎ハイ150円!おつまみも超安い

お酒が安いお店って、ときどき料理がいい値段だったりするじゃない。ドラム缶も酎ハイは客寄せパンダでしょう?なんて思ったのは、初めてお店へ訪れた日の私だけではないはず。

ドラム缶

料理もみんな100円前後。駄菓子屋さんで支払う感覚で、お札いらずで楽しめます。お財布の中にある小銭を減らしたい、そんな目的でドラム缶にいくのもありかも?お金は予め会計用の小皿に置き、会計毎に精算です。500円玉1枚でもドラム缶なら楽しめます。

冷奴

人気はカレー、そしてガリ酎

料理もお酒も低価格を実現するための企業努力がつまっています。多くは冷凍食品などですが、店でぐつぐつ煮ているカレーや出来たてを楽しめる下町グラタンなどが人気。

カレールー

カレーはルーだけそのまま食べるもので100円。飲みながらつまむカレーってなぜか美味しいんです。グラタンには、しっかりタバスコを振りかけてピリピリにして食べるとよりグッド!

ボリュームは小さな小鉢にちょこっとなのですが、せんべろを求めて飲みに来ているときなら満腹感はむしろないほうがよく、心地よく安く楽しく過ごせます。

飲み物は酎ハイとウーロンハイが150円。ほかにもコーヒーハイや寿司屋の生姜をいれたガリ酎なる飲み物も人気。ここの酎ハイは甲類焼酎とソーダだけのプレーンなレシピなので、少し味付きで飲みたいという方におすすめ。一度ガリ酎を注文すれば、生姜をそのままに酎ハイだけおかわりしても味が楽しめるのでお得感。

一体感のある空間でみんなでせんべろで笑うひととき

ドラム缶の魅力はなんといってもその安さなのですが、それだけではない通いたくなる理由は一体感。隣のお客さんとの距離も近いので、一期一会の知らない人との会話も弾みます。

ご近所付き合いも希薄な現代で、こういう酒場はコミュニケーション欲求を満たしてくれる場としての魅力を感じる人も多いのかもしれません。女性の常連さんも多いので、興味を持った方は女性お一人様でもぜひチャレンジしてみては。行きつけの一軒になるかもしれません。

【本日のお会計】 酎ハイ 150円 ウーロンハイ 150円 カレールー 100円 冷奴 100円

合計500円(税込)


立ち飲み居酒屋 ドラム缶 銀座本店

銀座(東京都)立ち飲み

Rettyグルメニュースより転載(2017年7月18日公開の記事)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい