チャートで見るGoogle Chromeの圧倒的な強さ

インターネット検索において、グーグルが支配的な立場にあることは広く知られているが、同社が我々のデジタルライフに与える影響は、それだけにとどまらない。グーグルのChromeブラウザを例にとってみよう。StatistaがBusiness Insiderに向けてチャート化したStatCounterのデータによると、発表から9年にも満たないChromeが、世界で最も使われているウェブブラウザとして、圧倒的なシェアを誇っている。

その一部は、ネットワーク効果によるものだ。グーグルはAndroidを無償で提供し、今や世界で最も人気のオペレーティングシステムとなった。Android端末にプリインストールされているChromeは、その恩恵を享受している。

品質の高さも、Chromeの人気を支えている。マイクロソフトは、WindowsユーザーがChromeをダウンロードするのを積極的に阻止しようとしているが、デスクトップのブラウザにおけるグーグルの支配を阻止するには至っていない。Internet Explorerが標準だった頃のChromeは、魅力的な代替品とは言えなかったが、ユーザーから見捨てられるほどではなかった。

グーグルが来年から、広告を自動的にブロックする機能をChromeに標準搭載することにも留意しておくべきだろう。同社は度を超えて悪質な広告のみをブロックすると述べているが、グーグル自身のウェブサイトや広告にはほとんど影響がないと考えられている。

ブラウザの端末別利用率

世界で最も使われているウェブブラウザは、グーグルChromeだ。チャートは左からモバイル/タブレット機器、デスクトップ、全体。

Mike Nudelman/Business Insider/Statista

[原文:The absolute dominance of Google Chrome, in one chart (GOOG)

(翻訳:Keitaro Imoto)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい