外食が大好き? チャートで見るアメリカ人の食習慣の変化

アメリカ人は外食が好きだ。好き過ぎる、と言ってもいい。

アメリカ農務省(USDA)のデータによると、アメリカ人が外食に使うお金は2014年頃、歴史上初めて自宅での食事を上回ったと見られる。

以下のチャートからその傾向が見てとれる。同チャートは、株式ストラテジストのフェリックス・トラン(Felix Tran)氏が率いるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのチームによって共有された。

外食と自宅での食事に対するそれぞれの出費の経年推移を表したグラフ

アメリカの外食に対する出費は、自宅での食事に対する出費を上回った。青の折れ線グラフは自宅での食事に対する支出、黄色は外食に対する支出。

Bank of America Merrill Lynch

ここ数十年間、外食に対する支出は着実に増加し、自宅での食事に対する支出はその真逆の傾向を見せている。

このトレンドが逆転したのは、1974年、2001年、2008年の不況時のみだ。外食は一般的に自宅で食事をするよりもお金がかかる。経済環境が厳しくなると、人は余分な出費を抑えるようになる。

「こうした傾向は、さまざまな長期的な人口動態や心理的要因に起因するものだが、その多くは結局、利便性だ」と指摘していたのは、金融サービス会社Stifelのタイラー・G・ラバー(Taylor G. LaBarr)氏だ。「外食は、我々がより忙しい生活を送るようになるにつれ、その利便性からいっそう魅力的になった」

また、過去60年あまりで生活水準が上がるにつれ、外食をする経済的余裕のあるアメリカ人が増えた可能性もある。

[原文:This chart shows a major shift in the way Americans eat

(翻訳:Keitaro Imoto)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい