リセールバリューの高い車トップ10、日本車が1-2フィニッシュ!

シボレーのピックアップトラック

Chevrolet

新しい車を選ぶのは大変だ。生活のいろいろな場面に関わる高額商品だから。

最も重視するのは価格だろう。だが、リセールバリューも重要だ。リセールバリューが高い車を選べば、長い目で見ると何千ドルもの節約につながる。

自動車価格情報サイトのケリー・ブルー・ブック(KBB)は「アメリカでリセールバリューの高い車トップ10」を発表した

KBBによると、新車購入から5年が経過すると平均的な車のリセールバリューは新車価格の33%になる。しかし、トップ10のリセールバリューは、平均50%。つまり3万ドルの新車を買い、5年後に買い換える場合、リセールバリューが50%であれば、手元に戻ってくる金額は、33%の車よりも5000ドル以上多い計算になる。

驚いたことに、トップ10には、ピックアップトラックが7つも含まれている。あとは、SUVが2つ、いわゆる普通の乗用車は10位となったスバルWRXのみだ。

アメリカのトラック市場は好景気に沸いている。6月までに130万台のピックアップトラックが販売され、その人気は中古車市場にも及んでいる。ピックアップトラックは、購入価格が高いが、リセールバリューが高いことは、使い勝手と同じように魅力的だ。

トップ10では、GMととトヨタが多くを占める中、ホンダとジープもトップ10に食い込んだ。

リストには、新車購入から3年後と5年後のリセールバリューを記載した。

10位 スバルWRX:3年後 55.2%、5年後 45.4%

スバルWRX

Subaru


9位 GMC キャニオン:3年後 59.8%、5年後 47.2%

GMC キャニオン

GMC


8位 GMC シエラ:3年後 56.8%、5年後 47.5%

GMC シエラ

GMC


7位 ホンダ リッジライン:3年後 64.4%、5年後 47.6%

ホンダ リッジライン

Honda


6位 シボレー コロラド:3年後 61.3%、5年後 48.1%

シボレー コロラド

Chevrolet


5位 トヨタ タンドラ:3年後 60.7%、5年後 9.0%

トヨタ ツンドラ

Toyota


4位 ジープ ラングラー:3年後 63.7%、5年後 51.1%

ジープ ラングラー

Matthew DeBord/BI


3位 シボレー シルバラード:3年後 61.8%、5年後 52.2%

シボレー シルバラード

Chevrolet


2位 トヨタ 4ランナー:3年後 64.3%、5年後 54.5%

トヨタ 4ランナー

Toyota


1位 トヨタ タコマ:3年後 71.8%、5年後 58.4%

トヨタ タコマ

Toyota



[原文:These 10 vehicles have the best resale value

(翻訳:仲田文子)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい