世界のDJ、スティーヴ・アオキは年間250回のショーをこなす—— 家の外がマイホームだ

世界的に人気の音楽プロデューサー兼DJのスティーヴ・アオキは、年間250回のショーをこなし、50日間はツアーの移動に費やす。日系アメリカ人のアオキは、世界で数々のアーティストとコラボし、2014年には「年間で一番移動の多いミュージシャン」としてギネス世界記録に認定された。彼の首の後ろには「I'LL SLEEP WHEN I'M DEAD(死んだら寝る)」というタトゥーが入っている。過酷なスケジュールをこなす彼が、燃え尽きずに頑張れる理由を教えてくれた。

(編集:小杉シェイナ

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい