膨張する帝国「ソフトバンク」——子会社761社、その代表的な事業を俯瞰する

ソフトバンク

写真:今村拓馬

日々拡大を続けているソフトバンクグループは、すぐには何をしている会社なのか分からないほど、事業領域が広がっている。子会社761社、関連会社130社(2017年3月末現在)の巨大グループとなったソフトバンクの姿を見てみよう。さながら“ソフトバンク・エンパイア”(帝国)の様相だ。

ソフトバンクグループ

ソフトバンクグループの子会社・関連会社。

グラフィックデザイン:井村亮

ソフトバンクグループの事業は大きく、次の6つの領域に分かれている。

- 通信

- ヤフー

- ファンド

- 海外

- 流通

- その他

携帯電話キャリアとしてのソフトバンクや、巨大ポータルサイトのヤフーは、馴染みの深い事業となっているが、この数年、海外展開を急速に進め、巨額の資金規模を有するファンドも組成している。以下、事業領域ごとの主力企業と、事業内容を簡単に整理した。



■通信事業

・ソフトバンク

携帯電話など無線通信サービスを提供。

・Wireless City Planning

携帯電話ネットワークの整備など。

・ソフトバンク・ペイメント・サービス

グループの中で、決済業務を担う。ソフトバンクカードの発行・運営など。


■ヤフー事業

・Yahoo! JAPAN

一ヶ月間の総ページビューが600億を超える日本最大のポータルサイト。

・バリューコマース

アフィリエイト(成果報酬型広告)を中心としたインターネット広告。

・アスクル

文房具・オフィス用品の通販。

・ジャパンネット銀行

同行ウェブサイトによれば、「日本初のインターネット専業銀行」。

・ブックオフ

古本・中古家電の販売。


■ファンド

・ソフトバンク・ビジョン・ファンド

2016年10月に設立を発表した。英国で運営している。サウジアラビアのファンド、アップル、クアルコム、アラブ首長国連邦の公社などから出資を受け、今年5月22日には、総額約10兆4千億円の出資コミットメントを得たと発表。テクノロジー分野に幅広く出資を検討する、としている。同ファンド以外にもソフトバンクグループ傘下には、複数のファンドが組成されている。


■海外

・Sprint

2013年7月に買収した米国の携帯電話キャリア。

・ARM

英国の半導体設計会社。半導体メーカーが半導体を製造する際に必要な知的所有権を保有している。とくに携帯電話向けで高いシェアを誇る。2016年9月5日、約3.3兆円で買収を完了したと発表。

・Brightstar

米国の携帯電話端末の卸売会社。世界規模で携帯電話の卸売事業を展開しているとされる。

・Alibaba

中国のネット通販サイト・アリババを運営する。ソフトバンクグループが主要株主に名を連ねている。

・Renren

フェイスブックに似た中国のSNS・人人網を運営


■流通

・ソフトバンク コマース&サービス

IT関連製品の製造・流通・販売など。


■その他

・ソフトバンクホークス

プロ野球の球団。

・ソフトバンクロボティクス

Pepperなどヒューマノイド・ロボットの開発・販売。

・SBエナジー

自然エネルギーによる発電、電気の供給と販売。

・アイティメディア

IT関連のポータルサイト・ITmediaを運営。

・ソフトバンク・テクノロジー

ICT(情報通信事業)サービスを提供。

・ベクター

パソコン用アプリケーションのダウンロードサイト・Vectorを運営。

・ガンホー・オンライン・エンターテイメント

『ラグロナクオンライン』などオンラインゲーム、携帯向けゲームなどを開発。

・サイジニア

ビッグデータ解析など。

※本稿は、ソフトバンクグループの年次報告書、各四半期の開示資料などを基に作成した。

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい