誰も乗っていない、謎のミニバンがワシントンD.C.を走行中

8月3日(現地時間)、ワシントンD.C.の近くで目撃された無人(ドライバーレス)のフォード・トランジットは誰が、何のために走らせているのだろうか?

運転席や助手席には誰も乗っていなかった。 ARLnow.comが、その様子をおさめた動画を公開している。

屋根にLIDARセンサーもなかった。LIDARは、グーグルやアップルなどの大手IT企業が自動運転車を開発するうえで重要視している3Dセンサー技術だ。

無人のフォード・トランジットが目撃されたのは、ワシントンD.C.の対岸のバージニア州アーリントン。バージニア州は、自動運転車を開発している企業や研究者を積極的に誘致している。

「路上での自動運転車のテストに関する規制はない。特別な許可を得る必要もない」と、バージニア州当局の広報担当者マーシャル・ハーマン(Marshall Herman)氏は語った。

だが、無人のフォード・トランジットが目撃された場所は、バージニア州当局の管轄ではなかった。

複数の当局関係者が「自動運転車がリモートで操作されているのであれば、必ずしも人が車内にいる必要はない」と述べたとワシントン・ポストは今年4月に報じている

フォード・トランジットを目撃した人は、奇妙な光景で、車の「屋根の上」に付いていたものが気になったと語った。

フォード・トランジットを操作していたのはIT企業ではない可能性もある。大学や軍の研究施設がこの付近にはたくさんある。

ARLnowはフォード・トランジットを操作していた人物を突き止められてはいないが、この秘密めいたバンについて、詳細を伝えている。

[原文:A mysterious driverless minivan was spotted driving around the DC area

(翻訳:梅本了平)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい