中国やロシアのステルス機は「ダーティ」、F-22やF-35の相手になり得ない。

58a75b1954905724008b5766

中国のステルス戦闘機「殲20(J-20)」。

Chinese Military Review

中国で行われた軍事パレードでは、いくつかの新型兵器が公開され、また同国の次世代ステルス戦闘機「殲20(J-20)」のデモ飛行が行われた。アメリカから盗んだステルス技術が採用されていると、多くの関係筋がみている戦闘機だ。

ロシアも推力偏向(スラストベクタリング)技術を採用したステルス戦闘機の試験を続けている。アメリカのステルス戦闘機が対抗できない機動性を実現するためだ。

しかしアメリカは、ステルス戦闘機の製造と実地配備に数十年の経験を蓄積している。ロシアや中国がハッキングしても追いつけない差がある。

「ロシアや中国もステルス戦闘機を投入しようとしているが、我々はすでに40年間、研究している」と、アメリカ空軍の退役少将マーク・バレット(Mark Barrett)氏は8月2日、ディフェンス・ニュース(Defense News)に語った。

中国のJ-20は、アメリカ空軍の空中給油機を超長距離ミサイルで攻撃することを想定しているようだ。一方、ロシアのT-50は、現行の戦闘機を置き換えるものだ。ステルス機の開発に携わる研究者が匿名を条件に我々に語ったところによると、ステルス機の製造において他国は依然としてアメリカの後塵を拝している。

同氏は、J-20やT-50は「汚れた」ステルス戦闘機だと述べた。中国やロシアには機体の表面をミリメートル単位できめ細かに成形するために必要な精密技術がないからだ。

また前述のバレット氏は、中国やロシアのステルス戦闘機は、「機体の外側に様々なものを吊り下げている」とディフェンス・ニュースに語っている。

「これまでに写真で見た中国やロシアのステルス戦闘機は、翼の下にものを吊り下げている。これではステルス性能は台無しだ」

一方、アメリカのステルス機は機体内部に爆弾倉(ウェポンベイ)を備えることで、ステルス性能を損なう兵器搭載の問題を克服している。

58ebaebe5124c95e561a5592

F-35。翼の下には何もない。

Thomson Reuters

またアメリカのF-22やF-35は、1世代前の第4世代戦闘機とネットワーク化されている。F/A-18やF-15、F-16と連携し、燃料や爆弾、空対空ミサイルなどは第4世代戦闘機に搭載することで、F-22やF-35はクリアな状態で飛行できる。

つまり、F-22やF-35は空域の確認に注力し、第4世代戦闘機が発射したミサイルを誘導することで、自らはミサイルなどを発射せずに戦闘を支配し得る。

またアメリカはすでにステルス戦闘機による作戦を実行しているが、中国やロシアが同様の作戦を展開するには数年かかるだろう。

[原文:China's and Russia's stealth fighters don't stand a chance against the F-35 and F-22

(翻訳:Tomoko A.)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい