iPhone 8の内部画像流出か? 2つの新機能はほぼ確実

iPhone 8の内部画像とみられる写真が流出し、これまでiPhoneになかった2つの新機能が搭載されるという噂が真実味を増している。ワイヤレス充電と大容量バッテリーだ。

写真はiPhoneの製造を担当しているフォックスコン(Foxconn)の従業員を名乗る人物が、中国のSNS「微博(Weibo)」に投稿したもの。iPhone 8の内部構造と思われる画像が写っている。

中央の黒い大きな円形部分は、ワイヤレス充電モジュールのようだ。また同じく大きなL字型の空間部分は、バッテリー搭載スペースだろう。

iPhone 8の内部構造写真

Weibo

流出写真の信ぴょう性が高い理由の1つは、この写真がコードネーム「フェラーリ(Ferrari)」という製品のものらしいという点だ。これは昨年12月に流出した製造文書でiPhone 8を示すために使われていたコードネームだ。

この画像はこれまでの噂や報道を裏付けているようだ。製品リーク情報を発信しているSlashLeaksに先月投稿された写真は、iPhone 8のワイヤレス充電モジュールのものとみられている。またスマートフォンのバッテリーは通常長方形だが、KGI セキュリティーズ(KGI Securities)のアナリストMing-Chi Kuo (ミン・チ・クオ)氏は2月に発表した調査レポートで、iPhone 8にはL字型バッテリーが採用される可能性を示唆している。

これらのレポートや写真が正しければ、iPhone 8では初めてワイヤレス充電とL字型バッテリーが採用されることになる。

アップルが実際にiPhone 8を発表するまで、噂や流出画像をすべて信じるわけにはいかないが、クオ氏は、スマートフォンの重要部品を搭載するロジックボードを複層式にすることで、L字型バッテリーを搭載するスペースが生み出せたのではないかと推測している。iPhone 8の発表は来月9月というのが大方の予想だ。

source:Weibo

[原文:A photo of the supposed iPhone 8's insides shows 2 things that no iPhone has had before

(翻訳:Tomoko. A)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

【入山章栄】日本企業がいま実践すべき「3大経営理論」とは? イノベーションの出発点は“知的コンバット”

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Aug. 06, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み