泊まってみる? Airbnbにトランプ大統領が幼少期を過ごした住宅が登場

旧トランプ邸

トランプ大統領が幼少期を過ごした家には、寝室が5つあり、最大20人まで宿泊可能だ。

Airbnb.com

トランプ大統領が幼少期を過ごした家は、今もニューヨーク・クイーンズにある。そして、誰でも宿泊することが可能だ。

5つの寝室があるこの一軒家は、Airbnbに掲載されている。1泊816ドル(約9万円)から利用できる。

現在の所有者がこの家を手に入れてからずいぶんと月日は流れているが、この一軒家はトランプ大統領にまつわるインテリアで飾られ、大統領がかつて暮らした空間に寝泊まりしてみたいと願う訪問者の期待を裏切らない。

旧トランプ邸の様子を見てみよう:


ニューヨークのジャマイカ・エステーツにあるこの一軒家は、トランプ大統領の父フレッド・トランプ氏が、妻メアリーと家族のために建てた家だ。

トランプ大統領の若かりし頃の写真

Airbnb


Airbnbは、この物件をトランプ大統領がかつて暮らしていた家として、認定している。1946年に生まれたトランプ大統領は、生後まもなくこの家で暮らし始めた。

物件の写真を見るトランプ大統領

テレビ番組の中で、この物件の写真を見せられるトランプ大統領。

Airbnb.com


現在のオーナーによると、家の中はトランプ氏が暮らしていた頃からさほど変わっていないという。

リビング

Airbnb.com


Airbnbの物件情報によると、「トランプ氏がここで生活していたら、選択するであろうスタイルと豊かさ」を考慮した家具が取り揃えられている。

寝室

Airbnb


トランプ一家はこの家を出た後、より広い住居で暮らした。しかし、1940年代の基準に照らせば、この家も十分に広い。

リビング

Airbnb.com.


アメリカンテイストに統一された空間には、トランプ大統領やその家族の写真が飾られている。

飾られた写真

Airbnb.com.


インテリアには、興味深い工芸品やこの家の歴史を刻んだ額などが数多く並ぶ。

額

Airbnb.com


トランプ大統領の名言も飾られている。

トランプ大統領の名言

Airbnb.com.


リビングに置かれたトランプ大統領のパネルは、「深夜のFOXニュースを一緒に眺めるには、この上ないパートナーだ」と現オーナーは言う。ケーブルテレビも視聴できる。

窓際に置かれたトランプ大統領のパネル

Airbnb.com.


各部屋には、トランプ大統領にまつわるエピソードが掲げられている。

エピソード

寝室に飾られている額の1つ。「この部屋は、1946年から1950年までをこの家で過ごしたトランプ大統領の寝室だったかもしれない」と書かれている。

Airbnb.com


キングサイズのベッド1つ、ソファーベッド2つ、ベビーベッド2つ、二段ベッド7つが備え付けられている。最大20人まで宿泊が可能だ。

二段ベッド

Airbnb.com


物件情報には、「現役の大統領が生まれ育った家に滞在できるなんて、この上なくユニークで特別な体験です」と書かれている。次々と予約が入っているようだ。

ダイニング

Airbnb.com


[原文:Trump's childhood home is now listed on Airbnb — and up to 20 people can stay in it for $816 a night]

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい