こうして北朝鮮の金正恩は、世界で最も恐ろしい独裁者になった

金正恩

ミサイル発射訓練中、女性兵士を労う金正恩委員長。

Reuters/KCNA KCNA

過去50年間、世界は北朝鮮の先行きの見えない脅威に、ある意味慣れてしまっていた。

しかしその脅威は、3代目の最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)委員長の下で、明らかに顕著となり、より不吉な様相を帯びている。

正恩氏の統治下で、北朝鮮は何度も核実験を行っている。

そして先週、トランプ大統領が、北朝鮮がこれ以上アメリカを脅やかすのであれば「世界がかつて見たことのないような炎と激しい怒りに直面することになるだろう」と発言して以来、緊張は高まっている

正恩氏は国際的に注目を集めているとはいえ、その素顔はあまりよく知られていない。同氏がどのようにして、世界で最も恐ろしい独裁者の1人になったのか、紹介しよう。


金正恩氏は1982年1月8日生まれ。1983年あるいは1984年生まれとの説もある。

金正日

DPRK propaganda via http://www.atimes.com/atimes/Korea/NG14Dg02.html

正恩氏は、後の北朝鮮独裁者、金正日(キム・ジョンイル)氏とその妻、高英姫(コ・ヨンヒ)氏の間に生まれた。正恩氏には兄、金正哲(キム・ジョンチョル)氏と、妹、金与正(キム・ヨジョン)氏がいる。

正恩氏は公式には1982年生まれだが、金日成(キム・イルソン)生誕70年、金正日生誕40年といった象徴的な理由により、生まれ年が変えられたとの複数の報道がある。

なお、アメリカ財務省による最近の制裁措置では、正恩氏の公式出生日は1984年1月8日とされている


幼少期は、普通の子どものように自宅で暮らしていた。

親子

母親と過ごす金正恩氏。

DPRK propaganda via http://www.atimes.com/atimes/Korea/NG14Dg02.html

この時期、北朝鮮は「偉大なる指導者」金日成氏によって支配されていた。金正日氏はその後継者と目されていたが、正恩氏の継承は極めて不確実なものだった。


その後、スイスにある全寮制の学校へ進学。

学校生活

北朝鮮の大使館職員の息子「パク・ウン」として、正恩氏はスイス・ベルン近郊の町、ギュムリゲンのインターナショナルスクールに通っていたと考えられている。

元同級生によると、正恩氏は大半の時間を自宅で過ごす物静かな学生だったようだが、ユーモアのセンスもあった。

「彼は面白かった。いつも人を笑わせていた」と元同級生のマルコ・イムホフ(Marco Imhof)氏は、The Mirrorに話した

別の元同級生も「彼にはユーモアのセンスがあり、みんなと、北朝鮮の敵対国から来た生徒たちとも、うまくやっていた」とドイツ紙ヴェルト・アム・ゾンターク(Welt am Sonntag)に語った。「学校では政治の話題はタブーだった…… 私たちは政治ではなく、サッカーについて議論したものだ」と付け加えた。

※2017年9月21日、最後のパラグラフの元同級生の名前およびドイツ紙の名称を修正・更新しました。

正恩氏は、バスケットボールとその神様、マイケル・ジョーダンが大好きだった。

マイケル・ジョーダン

Jonathan Daniel/Getty Images

若き日の正恩氏は、スイスでの寮生活の間、ジョーダンのポスターを部屋中に貼っていたという。正恩氏は太りすぎで、身長もわずか5フィート6インチ(約168センチメートル)だったが、バスケットボールプレーヤーとしてはそこそこの腕前を持っていた。

「競争心がとても強く、カッとなりやすいタイプだった」The Mirrorにそう語ったのは、元同級生のニコラ・コバチェビッチ(Nikola Kovacevic)氏だ。

元同級生のイムホフも、「彼はゲームメーカーだった。負けず嫌いで、彼にとって勝利は極めて重要だった」と話している。

正恩氏は、ナイキのスニーカーの「素晴らしい」コレクションも持っていたという。

スイスの学校を終えた後、正恩氏は軍事学校へ入るため北朝鮮に戻った。

行進

Reuters

正恩氏は北朝鮮に帰国後、兄、正哲氏とともに金日成軍事総合大学へ入学。2007年頃、父親の軍事訓練視察に兄弟で同行し始めたとの報道もある。

父・金正日氏が死に向かう間、正恩氏はほとんどその経験がないにもかかわらず、政治的、軍事的指導者への道を急速にのぼり詰めた。

BBCによると、正恩氏は朝鮮人民軍の大将に昇進、労働党中央軍事委員会の副委員長、労働党中央委員に選出された。

正恩氏には「足取り(발걸음:パルコルム)」という名で知られるテーマソングがある。

テーマソング

この「足取り」は、旧ソ連のプロパガンダソングのような歌だ。

「我らの金大将の足取り」に付き従うよう、人々に呼びかけている。歌詞の一部を紹介しよう

" 足取り、足取り……もっと高く鳴らし広げよ、燦爛たる未来を近づけて……タッタッタ、ああ、足取り"


北朝鮮人の多くは、正恩氏を「偉大なる指導者」金日成の再来と見ている。

若き日の金日成

「偉大なる指導者」金日成氏(1956年撮影)。

Wikimedia Commons

正恩氏は祖父の金日成と外見、髪型、癖までそっくりだ。

祖父により似せるため、正恩氏が整形手術を受けたという噂が広まったが、北朝鮮当局は「くだらないメディアによる下劣なデマだ」と一蹴した。

北朝鮮の国営通信社、朝鮮中央通信は、「敵対勢力が発した偽りの報道は、党、国家、軍、そして人民が決して容認できない、憎むべき犯罪行為だ」と報じた。

父親の死後、正恩氏はすぐに「最高指導者」を宣言。

金正日

父親の金正日氏。

Getty Images

2011年12月17日、金正日氏が心臓発作で死去すると、正恩氏は世界で4番目に大きい軍隊、核兵器、そして北朝鮮を統べる絶対的支配権を継承した。

正恩氏は三男だが、父の金正日が「女々しく」弱いと評した兄、正哲氏に先だってその後を継いだ。The Australianによると、異母兄弟で長男の正男(ジョンナム)氏は、体制に対し否定的な見解を述べていたようだ。

正恩氏が政権を握ったのは30歳前後、世界最年少の国家元首となった。

一部には、正恩氏の叔母夫妻が、実権を握っているとの説もあった。

叔母と叔父

AP

正恩氏が最も信頼した側近の中には、叔母の金敬姫(キム・ギョンヒ)氏とその夫、張成沢(チャン・ソンテク)氏もいた(2人とも66歳)。報道によれば、この夫妻は金正日の指示で、正恩氏がより多くの経験を積む間、朝鮮人民軍を統制し、彼の地位がより強固なものになるよう支えた。

党大会では、叔母夫妻が近くに座っているところも撮影されている。The Telegraphによれば、夫妻の最も重要な仕事は、正恩氏を信用していない将軍たちの間で、同氏の実力者としての地位を押し上げることだったと見られる。

しかし2013年12月、正恩氏はクーデター画策の疑いで、叔父とその家族を処刑した。

張成沢

北朝鮮で裁判にかけられる張成沢氏。

Martyn Williams/Rodong

2013年12月12日、正恩氏は叔父の張成沢氏を処刑した。成沢氏は軍事クーデターにより、国家転覆を目論んだと告発された。正恩氏は叔父の処刑に続き、その家族までをも粛清したと報じられた。

しかし、駐イギリス北朝鮮大使は、成沢氏の家族の処刑については否定した。同大使は、裁判で裁かれた成沢氏のみが、銃殺隊により処刑されたと主張した。

正恩氏には楽団の歌手出身の夫人がおり、2人の子どもがいるようだ。

金正恩夫妻

KCNA via AP

"隠者王国"北朝鮮の指導者たちは、他の重要人物についてもしばしば秘密主義を貫いているが、正恩氏の写真には妻同伴のものも多い。

NBCニュースによると、北朝鮮メディアが、正恩氏がかつて楽団に所属していた歌手の李雪主(リ・ソルジュ)氏と結婚したことを明らかにしたが、その時期については全くわかっていない。

韓国の情報機関によると、この夫婦が結婚したのはおそらく2009年で、既に子どもが1人いるようだ。李雪主氏は2012年に子どもを産んだとの噂があり、多くはそれが女児だったと考えている。

2015年、正恩氏夫妻には新たにもう1人子どもが生まれたとされる

元シカゴ・ブルズのスター、デニス・ロッドマンが訪朝。正恩氏の子どもの頃の夢が叶った。

デニス・ロッドマン

Courtesy of Vice

金一族は全員、シカゴ・ブルズの熱狂的なファンだ。

父、金正日氏は「マイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズでプレーした全てのゲーム」のビデオをコレクションしていた。2001年にジョーダンを北朝鮮に招いたが、断られている

正恩氏は子どもの頃からジョーダンのポスターを大量に持っていた。兄の正哲氏は、シカゴ・ブルズの背番号91、ロッドマンのユニフォームを着た子どもの頃の写真が残っている

しかし近年、事態は悪化している。

射撃

DPRK

2013年、正恩氏は暗殺の対象になっていたと言われる。韓国の情報機関は、正恩氏が大将を降格させたことで権力闘争が起こり、「北朝鮮国内の不満分子」に狙われていたと考えている。

おそらく、支配を再び誇示するための手段として、正恩氏は極めて好戦的になっているのだろう。韓国との全ての関係を断ち切って、近隣国とアメリカに対し、核攻撃をほのめかしている。正恩氏の父と祖父は、これらの脅威を実行に移すことなく、ずっと作り続けてきた



正恩氏は権威発揚のため、就任以来、韓国や西側諸国との戦争に積極的な姿勢を示し続けている。

ミサイル発射

Ahn Young-oon/AP

北朝鮮は、制裁の脅しに屈することなく、正恩氏統治下で弾道ミサイルや核兵器の実験を続けている。 2012年には、人工衛星の打ち上げを初めて成功させた。正恩氏が就任して以来、北朝鮮は引き続き、弾道ミサイルや核兵器の製造を推し進めている。

2013年、北朝鮮は3度目、正恩氏政権下では初めてとなる核実験を行った。そして2015年4月、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、北朝鮮がアメリカ西海岸を射程に収める核ミサイルを開発した恐れがあると警告した


2016年に入っても、北朝鮮による核実験とそれに対する国際社会の非難は続いた。

正恩氏

KCNA/Reuters

2016年1月5日、北朝鮮は4度目、正恩氏の政権下では2度目となる核実験を実施した。北朝鮮はこれを小型水素爆弾だと主張している

実験に対し、国際社会のリーダーたちは北朝鮮に強く反発。北朝鮮の主要な同盟国である中国でさえ、実験には強く反対している。

発射されたミサイルは日本海に落下、打ち上げの成功率は上がっている。また、北朝鮮は潜水艦による弾道ミサイル発射実験にも成功している。

2016年9月、正恩氏は5回目にして過去最大規模の核実験を実施した。その破壊力は、広島に投下された原子爆弾よりも強力だとする見方もある。

実験は、正恩氏が軍備拡張を押し進めている証だ。阻止しなければ、北朝鮮は2020年までにアメリカ全土を射程圏内に収める核弾頭を開発する可能性があると、専門家は見ている


異母兄弟の兄、正男氏の暗殺に北朝鮮が関与しているのか? 世界中から疑惑の目が向けられた。

金正男氏

AP Photo/Ahn Young-joon

2017年2月13日、正恩氏の異母兄弟の兄、正男氏がマレーシアのクアラルンプール空港で毒殺された

北朝鮮の関与が世界的に疑われる中、マレーシア警察は、北朝鮮政府の要請を拒否し、司法解剖を実施。北朝鮮当局者と、暗殺実行犯として雇われたとみられる外国人女性2人を含む数人を容疑者として指名手配した。

2017年3月までに、マレーシア政府が殺人を企てたのは北朝鮮政府だと直接批判したことで、かつての同盟国である2国間の対立は悪化。北朝鮮が同国からのマレーシア国民の出国禁止命令を出すと、マレーシアは北朝鮮国民のビザなし入国を取り消した。



トランプ政権時代に入り、北朝鮮との対立は新たな高まりを見せている。

正恩氏

Korean Central News Agency via Reuters

報道によると、トランプ大統領は就任直後、北朝鮮をアメリカにとって単独で最大の脅威と名指しした

オバマ前大統領の「戦略的忍耐」と決別したトランプ政権は、北朝鮮に即時非核化を要求、正恩氏が従わなければ、先制軍事攻撃の可能性もあると示唆した。

2017年4月、アメリカのマイク・ペンス副大統領が、韓国・ソウルを訪問する中、正恩氏は新たな核ミサイルの発射実験でそれに対抗した(実験は失敗)。アメリカが新たな発射実験は「極めて重大な国際的対応」を招くと警告すると、北朝鮮高官は、核戦争は「すぐにでも」起こりうるけん制した

[原文:How North Korean leader Kim Jong Un became one of the world's scariest dictators

(翻訳:本田直子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい