イーロン・マスク氏、AIは「北朝鮮よりはるかに危険」

イーロン・マスク氏「AIは北朝鮮より危険」

Getty Images

8月11日(現地時間)の夜、イーロン・マスク氏はAIに対する懸念をツイートした。

「AIの安全性について懸念していないのであれば、するべきだ。北朝鮮よりもはるかにリスクが大きい」

金曜日、同氏が10億ドル(約1100億円)を出資したAIスタートアップ「OpenAI」が、賞金2億4000万ドルのゲーム大会に出場し、「Dota 2」で世界的なプレーヤーを打ち破り、会場を大いに驚かせた後、マスク氏はこうツイートした

マスク氏は、高度なeスポーツで世界的なプレーヤーに勝利したAIは、OpenAIが初めてと述べた。だが、すぐにOpenAIのような強力なAI、つまり人間が経験する何千倍もの試合を自己学習で学ぶAIは、我々自身の安全のために、最終的に規制する必要があると警告した。

「規制が好きな人はいない。しかし、公共にとって危険性があるもの、例えば、車、飛行機、食品、薬物などは規制されている。AIもそうすべきだ」と、同氏は金曜日、別のツイートで述べた。

マスク氏は以前にも、AIに対して不信感を示している。同氏は2016年、AIが規制されなければ、人間はますます強力になるスーパーコンピューターの「飼い猫」のようなものになり下がるだろうと述べている。そして人間の脳に、同氏が「ニューラル・レース」と呼ぶデジタルレイヤーを加える必要性に触れた。

「ベストの解決策だと思えるのは、AIレイヤーを加えることだ。第3のデジタルレイヤーは身体と共生し、うまく機能するだろう」

2016年、南カリフォルニアで開催されたVox MediaのCode Conderenceで、マスク氏は述べた。

ナノテクノロジーの専門家は、既にこのコンセプトの実現に向けて動いている

マスク氏は当時、こう語った。

「デジタル化した自分自身と接続可能な高帯域のニューラル・インターフェイスを開発することができれば、飼い猫にならずに済む」

[原文:Elon Musk: Artificial intelligence presents 'vastly more risk than North Korea'

(翻訳:Keitaro Imoto)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい