アップル「成功のための11のルール」とは? 今週のインサイダーTopics 5

中国やロシアのステルス機は「ダーティ」、F-22やF-35の相手になり得ない。

殲20(J-20)

Chinese Military Review

中国で実施された軍事パレードでは、次世代ステルス戦闘機「殲20(J-20)」のデモ飛行が行われた。アメリカから盗んだステルス技術が採用されていると多くの関係筋がみている戦闘機だ。

ロシアも推力偏向(スラストベクタリング)技術を採用したステルス戦闘機の試験を続けている。アメリカのステルス戦闘機が対抗できない機動性を実現するためだ。

しかし、アメリカがステルス戦闘機にかけてきた研究時間は他国の比ではなく、ロシアや中国がハッキングしても追いつけない差がある。アメリカと中国、ロシアのステルス戦闘機の違いを比べてみた。

Learn more?


アップル社員証の裏に書かれた「成功のための11のルール」

iPhoneを手に入れた男

Jeff Zelevansky/Reuters

アップルの元社員がウェブサイトRedditにインスピレーションとモチベーションを与えてくれる投稿をした。

アップル元社員のHuxley Dunsany(ハクスレー・ダンサニィ)氏は、2004年にアップルで働き始めた時に社員章の裏に書かれていた11の「成功のためのルール」を投稿した

これらのルールは、さまざまな仕事やキャリアで広く活用できる。11のルールを見てみよう。

Learn more?


アマゾン、秘密のプライベートブランドを拡大中 —— 小売業者に新たな危機

荷物を運ぶアマゾン社員

Reuters/Edgar Su

アマゾンには、公にしていない秘密のプライベートブランドがある。

同社が商品ラインナップを補完する目的でプライベートブランドを立ち上げていることは周知の事実だが、その数は以前よりもかなり増えている。

クォーツ(Quartz)は、アマゾンのプライベートブランドであることを明示していないブランドが19種類あると突き止めた。男性衣料から冷凍食品まで、そのアイテムはさまざまだ。

なぜアマゾンはプライベートブランドの存在を明らかにしていないのだろうか?

Learn more?


北朝鮮がグアム沖への発射を凍結した理由——トランプ「狂人理論」vs.北の核抑止力

アメリカと北朝鮮の国旗

Shutterstock

相手を強く威嚇して、お互いに先制攻撃を抑え込もうとするアメリカと北朝鮮。

トランプ大統領と金正恩体制の間では、核兵器の使用さえもちらつかせた激しい言葉の応酬が交わされた。「売り言葉」に「買い言葉」で緊張を増した米朝のチキンレース。

トランプ大統領の「炎と怒り」発言から、金党委員長の柔軟姿勢までいったい何があったのか。アメリカと北朝鮮の動きを見ていこう。

Learn more?


「世界で最も平和な国」ベスト12 —— 日本はアジアトップ、全体では?

スロベニアの首都リュブリャナ

スロベニアの首都リュブリャナ。

neiljs/Flickr

2017年の「世界平和度指数(GPI)」が発表された。経済平和研究所(IEP)が162の国を平和の度合いでランク付けしたもので、毎年発表される。

ランキングを作成するにあたっては、治安状況、内戦・国際紛争の発生状況、軍事化の程度の3つのカテゴリーについて、暴力の発生状況や武器の輸入といった23の指標が用いられる。162の国の人口を足し合わせると、全世界の人口の99.7%に等しい。

日本の順位はいかに?「世界で最も平和な国」ランキングを紹介しよう。

Learn more?

※この記事は編集部で集計した週間PV数及び公開済みの記事の内容に基づき、作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中