どんな「落書き」も「猫」に変換してくれるウェブサイト

58ad6ae13080e627008b4a11

Christopher Hesse

AIは病気の治療から車の運転まで、あらゆるものに役立つといわれているが、驚くべき芸術をも生み出すことができる。

Googleの機械学習技術である「TensorFlow」を使用して、クリストファー・ヘッセ(Christopher Hesse)は猫の落書き画像を写真風に変換するウェブサイトを作った

この「Edges2cats」は誰でも無料で試すことができる。驚くほどリアルな猫が完成することもあれば、夢に出てきそうな怪物になってしまうこともある。

これは上出来。ほとんどはこんな風にいかない。

58ad6aa03080e623008b49f5

Christopher Hesse

source: Christopher Hesse

これは目が妙なことになっている。

58ad6b783080e624008b49f1

James Cook/BI


アイデア次第ではシュールな1枚に。

58ad6c113080e61c008b4a19

Rob Price/BI


「猫」を描かなければ、恐ろしいことに……。

58ad6c3df3898c1e008b4e4c

Rob Price/BI


Twitterでも人気。

どんなひどい落書きでも、自動的に「猫」として表示してくれる。

結果は……様々。

ワォ、なんでも猫になる!

AIは2000種類の猫の画像を学習していて、どんな絵でも猫として認識する。

やるべきじゃなかった。ごめんね…

「数年後には、マット・ペインターやコンセプト・アーティストの仕事に非常に役立つはずだ」とデジタルデザイナーのティム・ソレット(Tim Soret )はツイートした。

58ad6e1bf3898c1d008b4e26

Tim Soret/Twitter

source:Twitter

下のリンクをクリックして、「Edges2cats」で遊んでみよう!

58ad6fd9f3898c1e008b4e53

Lindsay Dodgson/BI


Edges2catsを試したい方はこちら

(敬称略)

[原文:This website turns your cat pictures into photos — and the results can be nightmarish

(翻訳:小池祐里佳)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい