こんな場所で働きたい! 世界で最もクールなオフィス18選

Glassdoorのオフィス

Glassdoor

現代の住宅は、くつろげる家具、スタイリッシュな装飾、最新のテクノロジーであふれている。だとすれば、職場も例外ではないだろう。

この記事では、博報堂の子会社TBWA⧵HAKUHODOの芝生をイメージした床から、米フットウエア会社TOMSの鮮やかな青の滑り台まで、世界中の最もクールなオフィススペースを紹介する。優れたデザインの職場は住環境同様、人の幸福感を左右するとの考えがここには表れている。

こんなオフィスだったら、暮らしたくなってしまうかも?


広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザーのジャカルタオフィス(インドネシア)は、どこにでもある階段をワークエリアと滑り台に仕立てている。

オグルヴィ・アンド・メイザーのジャカルタオフィス

Ogilvy + Mather


マイクロソフトのウィーンオフィス(オーストリア)には滑り台に加えて、リッチブルー、ペールグリーン、ナチュラルウッドで統一されたレトロな会議室がある。

マイクロソフトのウィーンオフィス

Microsoft


Facebookのテルアビブオフィス(イスラエル)には、誰でも自由に書き込める黒板が置かれている。ただ、従業員の交流というより仕事の効率化を目的にしているため、デザインはより落ち着いたものになっている。

Facebookのテルアビブオフィス

Facebook


カリフォルニア州エメリービルにあるピクサーの広大な本社オフィス(アメリカ)は、ゲートで厳重に守られている。敷地内には庭園やプール、キャラクターの彫刻も。

ピクサー本社オフィス

Melia Robinson/Business Insider


グルーポンのシカゴオフィス(アメリカ)。休憩スペースには、室内用のブランコ、島をモチーフにした休憩エリアの他、大きな石がランダムに配置されている。

グルーポンのシカゴオフィス

Groupon


TOMSのロサンゼルスオフィス(アメリカ)には大きな青の滑り台があり、モチベーションを上げる格言が掲げられ、ウッド調の装飾がふんだんに施されている。犬を連れてきてもOK。

TOMSのロサンゼルスオフィス

Toms


Kickstarter(キックスターター)は2014年、現在のブルックリンオフィス(アメリカ)に移転した。職場には、電気エネルギーを音楽に変える植物など、サイト上で資金を調達して成功を収めたプロジェクトの製品が飾られている。

キックスターターのブルックリンオフィス

Madeline Stone / Business Insider


インド、バンガロールにある建築設計事務所Sanctuaryのオフィス。可動式の壁を使って、屋外と屋内の空気を循環させている。建物はバンガロー風で、 従業員たちは厳しい日差しを遮る木々に囲まれた、張り出し屋根付きのテラスへエスケープすることも可能。

インド、バンガロールにある建築設計事務所Sanctuary

World Architecture Festival


Squareのサンフランシスコオフィス(アメリカ)は、都市のようだ。従業員はコーヒーが飲める「町の広場」に集まり、廊下ではなく「目抜き通り」を歩く。

57a1ffe8dd08956c3a8b4b68

Square


LinkedInのニューヨークオフィス(アメリカ)には、セントラルパークにある有名なレストラン「Tavern on the Green」をモチーフとしたスペース「Tavern on the Blue」がある。オフィスに3つあるキッチンのうちの1つだ。

LinkedInのニューヨークオフィス

Robert Libetti/Business Insider


ミシガン州デトロイトにあるQuicken Loansの本社オフィス(アメリカ)は、様々なストレス解消法を従業員に提供している。例えば、フォード・マスタング風のビリヤード台、バスケットボールのコート、社内用スクーターなどが楽しめる。

Quicken Loansの本社オフィス

Glassdoor


グーグルのニューヨークオフィス(アメリカ)は、人気スポット「チェルシーマーケット」の真上にある。ロッククライミング用の壁、ニューヨークをベースに活躍するアーティストたちの作品、そしてくつろげる休憩スペースが揃う。

グーグルのニューヨークオフィス

Peter Power/Reuters


スペイン、マドリードの林の中にあるSelgas Cano建築事務所。たくさんの木に囲まれた半地下のオフィスだ。

スペイン、マドリッドにあるセルガス・カノ建築事務所

Second Home


スカイプのストックホルムオフィス(スウェーデン)の様子は、イケアとラバランプ(透明な管の中を色付きの浮遊物が漂う)を足して2で割ったかのようだ。当然、デザインはクリーンで完璧。

スカイプのストックホルムオフィス

Skype


スポティファイのニューヨークオフィス(アメリカ)は、空間を仕切るのに壁ではなく糸を使っている。この「軽い壁」が、仕事をしていても何かあればいつでも話しかけていいという雰囲気を作り出している。

スポティファイのニューヨークオフィス

Spotify


Twitterのサンフランシスコ本社オフィス(アメリカ)は、まるで巨大な鳥の巣箱のようだ。社員食堂の名前は「#theperch」(止まり木)。

Twitterのサンフランシスコオフィス

Robert Johnson/Business Insider


東京の広告代理店TBWA⧵HAKUHODOのオフィスでは、外に出なくても自然を感じられる。屋内にくつろげる芝生があるのだ。

広告代理店TBWA\HAKUHODOの東京オフィス

TBWA


サッカー専門メディアOnefootballは、スポーツを真剣に考えている。オフィス中に、曲がりくねったトラックが敷かれていて、その先にあるゴールでは、休憩中にペナルティーキックを決めることも可能。

サッカー専門メディアOnefootballのオフィス

Onefootball


sources:Glassdoor、Ogilvy + Mather、Microsoft、Facebook、Groupon、 Toms、World Architecture Festival、Square、Glassdoor、Second Home、Skype、Spotify、 TBWA、Onefootball

[原文:18 of the coolest office spaces around the world

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中