ビル・ゲイツ氏も! ビジネス界の大物が常に持ち歩く秘密道具とは

ビル・ゲイツ、シェリル・サンドバーグ、リチャード・ブランソン

アイデアは書き留めろ!

JP Yim / Getty Images / Slaven Vlasic / Getty Images / Alex Wong / Getty Images / Ana Pelisson / Business Insider

ビジネス界の大物の中には、驚くほど古典的な方法で生産性を保っている人たちがいる。

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏、ヴァージン・グループの創業者リチャード・ブランソン氏、FacebookのCOOシェリル・サンドバーグ氏は全員、紙のノートを持ち歩いている

ゲイツ氏とブランソン氏は、アイデアを書き留めるためにノートを使っている。紙とペンを常に持ち歩くことで、彼らは一日を通して頭の中に浮かんだアイデアを整理し、記憶することができるのだ。

「アイデアが浮かび次第、書き留めることをして来なければ、今の自分はないだろう」と、ブランソン氏はブログに書いた

サンドバーグ氏は、1日の予定を整理するのにノートを活用していると、Fortuneは報じている。To-Doリストを書き、全ての「やること」を済ませたら、そのページを破り捨てる。これは脱線を防ぐモチベーションにもなる。To-Doリストの全ての項目を終えた時の達成感は他の何にも例えがたい。

ノートをどのくらい活用しているかはさておき、この3人のビジネスリーダーのアイデアは素晴らしい。

TEDスピーカーのデイモン・ブラウン(Damon Brown)氏は、物事を書き留めることで、思いつきを精査し、アイデアや洞察を記憶して、概念として明確に説明できるようになると、Inc.の記事で主張している。

Forbesに寄稿するドリュー・ハンセン(Drew Hansen氏も、重要なのは、思いつきを常に、すぐに書き留めることだと言う。「覚えていられると思うかもしれないが、そんなことはない。ひらめきを記憶することから解放された後、洪水のように溢れ出したアイデアを全て失うこともある」

古典的? でも、効果はある。

[原文:Bill Gates, Richard Branson, and Sheryl Sandberg all use the same old-school organizational hack]

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み