ワールドチャンピオン直伝! プレゼンやスピーチを成功させる3つのポイント

マノジ・バスデバン氏

ワンフレーズごとにあなたのメッセージをより深く伝えてほしい、とバスデバン氏は語った。

Toastmasters International

TEDトークのステージで1200人を前に話す時も、同僚15人を相手にプレゼンテーションする時も、3つの大事なポイントがある。そうマノジ・バスデバン(Manoj Vasudevan)氏は語る。

バスデバン氏は、スピーチとリーダーシップスキルの向上を目的とした非営利教育団体トーストマスターズ・インターナショナル(Toastmasters International)の2017年パブリック・スピーキング・チャンピンだ

バスデバン氏は、インド出身の起業家で、マネジメント・コンサルタントでもある。現在はシンガポールに住んでいる。

トーストマスターズでは、3万人を超える参加者が6カ月にわたってチャンピンの座を競い合う。この類の大会としては、世界最大規模のものだ。同氏を含めた10名が同団体の年次大会で行われた決勝戦で戦った。

優勝したバスデバン氏は、我々にスピーチの秘訣を教えてくれた。どんなスピーチやプレゼンテーションにも参考になるものだ。

スピーチやプレゼンプレゼンテーションの準備を始める前に、まず、次の3つのポイントを考えることが大切だ。

1. 何を伝えるのか?

当たり前のことなのだが、忘れがち。なぜ聞き手はあなたの話を聞かなければならないのか?

初心者は、スピーチやプレゼンテーションは、自分について語ることだと考えているとバスデバン氏は指摘した。シャイな講演者が聴衆の前で固まってしまうのも、自信過剰な講演者が笑いの種になるのも、理由はここにある。

エゴを忘れよう、とバスデバン氏。聞き手にどんな価値を提供するのかを決め、スピーチやプレゼンテーションを組み立てていこう。

2. 根拠は?

なぜ聴衆は、あなたの言葉に納得するのか?

バスデバン氏は、初心者がやりがちな間違いとして、不正確な事実をもとに話したり、聞き手はすでに知ってるだろうと思い込んで話すことをあげた。

事前にしっかりと事実を確認しよう。そして、省略はやめよう。

あなたの主張に少しでも疑問を持たれてしまったら、「誰もあなたが語ることを信じなくなる」。

3. 「FUNDA」は?

「FUNDA」はバスデバン氏の造語。Feel、Unveil、Notice、Do、Achieveの頭文字だ。スピーチやプレゼンテーションを組み立てるのに役立つ。

Feel(感じる):聞き手に何を感じてほしいのか? 伝えたい感情を、あなた自身が心の底から感じていなければならない。真の感情だけが、聴衆の心を捉える。

Unveil(明らかにする):何を明らかにしたいのか? 聴衆に新しい情報を伝えなければならない。

Notice(気づく):何に気づいてほしいのか? 聞き手には、あなたと会話しているように感じさせたい。聞き手が過去に気づいていたことを呼び覚まし、あなたが伝えたいことに導いていこう。

Do(行う):何を行ってほしいのか? 聞き手に行動を促そう。そうすることで、あなたの話に意味が生まれる。

Achieve(達成する):何を達成してほしいのか? 行動し、何を成し遂げてほしいのかを説明しよう。

そして、スピーチやプレゼンテーションを組み立てる時は、ワンフレーズごとにあなたのメッセージをより深く伝えてほしい、とバスデバン氏は語った。

バスデバン氏が優勝したスピーチはこちら(英語)。

[原文:The world champion of public speaking says you should ask yourself 3 questions before giving any presentation

(翻訳:Yuta Machida)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい