300機以上の新鋭機を保有、南米最大の航空会社をチェック

 LATAM航空のボーイング 787 ドリームライナー

LATAM航空のボーイング 787 ドリームライナー

LATAM

2015年に運航を開始したLATAM航空は、世界で最も新しい航空会社の1つ。だが、90年の歴史と実績がある。

LATAM航空は2012年、チリのLAN航空とブラジルのTAM航空が合併して誕生した。

合併により、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、ペルーにある子会社を含めて、4万6000人を擁する南米最大の航空グループとなった。同グループが保有する機体は、300機以上のボーイングとエアバスの新鋭機。

2016年、同グループの営業利益は、合併後の経営合理化による6%の利益率アップを合わせて、10%増の5億6800万ドル(約620億円)となった。

LATAM航空をチェックしてみよう。


2012年、1929年から運航しているチリのLAN航空と、

LAN航空

Flickr/BriYYZ


1976年から運航しているブラジルのTAM航空が合併し、

TAM航空

Airbus


新しい航空会社「LATAM航空」が誕生。2015年から新ブランドで運航を開始した。

LATAM航空

LATAM


同社は新鋭機を保有している。機体の平均運航年数は7年。世界で最も早く、優れた燃料効率を誇るエアバス A320neoの運航を開始した会社の1つ。

LATAM航空

Airbus


エアバス A350XWBと、

エアバス A350XWB

LATAM/Airbus


ボーイング 787 ドリームライナーもある。

ボーイング 787 ドリームライナー


国際線の機内は、さまざまな工夫が施されている。

国際線の機内

LATAM


プレミアムビジネスシートは、

プレミアムビジネスシート

LATAM


73インチ(約185cm)の長さのベッドになる。

プレミアムビジネスシート

LATAM



さらに、15インチ画面で映画や音楽、テレビ番組が楽しめる。

プレミアムビジネスシート

LATAM


アメニティーキットはフェラガモ製。

アメニティーキット

LATAM


プレミアムビジネスシートでは、南米産の天然食材で作られた機内食が提供される。マスターソムリエのエクトル・ヴェルガーラ(Hector Vergara)氏が厳選したワインを合わせることができる。

機内食

LATAM


アマゾンの淡水魚ピラルクのグリル。

機内食

LATAM


パッションフルーツとピスタチオが詰められたローストパイナップル。

機内食

LATAM


ラグジュアリーな体験はプレミアムシートだけではない。

プレミアムシート

LATAM


エコノミークラスの座席間隔は31〜32インチ(約79〜81cm)。長距離フライトでは機内食に無料のワインサービスがつく。

エコノミークラス

LATAM


エコノミークラスでも、100種類以上の映画、音楽、テレビ番組を楽しめる。

エコノミークラス

LATAM


トイレのフロアの模様はリオデジャネイロにあるイパネマビーチの遊歩道を思い起こさせる。

トイレ

LATAM


客室は全体的に南米の温かさと生命力を表す色やテクスチャーで装飾されている。

客室

LATAM


最新鋭のボーイング787、エアバスA350の客室は、従来よりも40%静かで、窓は40%大きい。また客室は、より快適に過ごせるように気圧と湿度が調整されている。今までのように乾燥しない。

LATAM航空

LATAM


[原文:A new super-airline wants to dominate South America — here's what it's like to fly on its new planes

(翻訳:Eiko Ofuji Mizuta)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい