ノーベル賞経済学者曰く「ビットコインは、バブルの“最高の事例”」

ロバート・シラー氏

さらに「今はまさに住宅バブルと株式市場のバブルの側面もある」と述べた。

Wendy Carlson/Getty Images

2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー氏は、ビットコインはバブルだと繰り返し主張している。

ビットコインは「今まさに最高の事例」とシラー氏は9月5日(現地時間)に公開されたQuartz'sのインタビューで語った。2014年1月、ダボスで開催された世界経済フォーラムでも同氏は、ビットコインを「バブルの素晴らしい事例」と呼び、そこに「疑問の余地はない」と語っている。

その時と比べると、ビットコインの価格と人気は上昇した。ビットコインの価格は5日、4337ドル(約47万円)となり、1ビットコイン約800ドルだった2014年1月から5倍以上となっている。

ビットコインがバブルである理由として、シラー氏は「デジタル化とコンピューターへの根本的で深い不安があり、人々はこの新しい世界での居場所に悩んでいる」と指摘している。この恐れは一部の人に、将来が予測可能で、そこから利益を得ることができると考えるような感覚を与えていると同氏はQuartzで語った。

この不安は、トランプ大統領が選挙運動中に感じさせた不安と同じ類のものだとシラー氏は述べた。

同氏の『Irrational Exuberance』(邦題『投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然』)は、テック株と住宅市場の崩壊を予測し、この2つのバブルを生み出した投資家の行動を説明して、センセーションを巻き起こした。下図が示すように、ビットコインの上昇スピードは、過去のバブルをはるかに上回っている

バルブを表すチャート

Jeffrey Kleintop/Charles Schwab

シラー氏はまた、Quartzに対して「今は住宅バブルと株式バブルの側面もある」と述べた。同氏が考案したCAPE(cyclically adjusted price-to-earnings ratio:株価の割高感を測る指標)も、2000年にインターネット・バブルが崩壊した時以来の割高感を示している。

[原文:ROBERT SHILLER: Bitcoin is the 'best example right now' of a bubble

(翻訳:一柳優心)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい