言った方がためになる? 教師が子どもたちに言えない23のこと

教壇に立つ教師

教師の本音とは。

Joe Raedle/Getty Images

学級崩壊させないためにも、仕事を失わないためにも、教師には言いたくても言えないことがある。

だがその一部は(賛否両論あるかもしれないが)、結果的に言った方が子どもたちのためになるかもしれない。

Business Insiderがさまざまな学校の教師に、子どもたちに最も言いたくても言えないことを1つ聞いたところ、50人以上が自分の考えを打ち明けてくれた。

その中から最も建設的な考えをいくつか紹介しよう。


「実を言うと、ここで勉強していることは、多分そんなに重要じゃない」

「重要なのは、授業中に課題をやり遂げるうちに学ぶライフスキルだ」

「(学校では)さまざまなタイプの人とコミュニケーションを取り、建設的な議論を交わす方法が身に付く。他人の意見に耳を傾け、相手を尊重しながら対応する方法も学ぶ。本当にたくさんのことを学んでいるけれど、そのことに気付かないのは、宿題や作文に惑わされているからだ。でも実際には、自立した大人になるために、思った以上に多くのことを学習している」

「この機会を無駄にしないで」

「これだけは分かって欲しい。私は教えることが大好きだし、あなたたちの手助けをしたいと心の底から思っている。でもあなたが努力しなければ、助けることはできない。私がこの仕事を選んだのは、熱意があって、勉強熱心で……あなたが必要なレベルに到達するのをサポートしたいから。だけどそのためには、あなたも頑張らなくちゃ」

「教育は世界を大きく広げてくれるのに、その機会を無駄にするなんて、本当に腹立たしい。世界中の人々が、何をしてでもこの教育の機会を得たいと願っている。マララ・ユスフザイさんはそれで頭を撃たれた。なのに、あなたたちはその機会をただ投げ捨てている。これにはものすごくイライラさせられる」

「あなたの価値は、テストの点数で決まらない」

机に向かう生徒たち

Reuters

「私たちが実施する統一テストは、将来のあなたにとってそれほど重要ではない」

「世間はとても厳しいことがある」

「あなたには、他人の評価以上の価値がある」

「大人がいつでも一番よく分かっているとは限らない」

「あなたの親が間違っている時、それを伝えてあげられたらと思うことがある」

「私も統一テストは嫌い」

頭を抱える生徒たち

Chung Sung-Jun/Getty Images

「私だってイライラする! 」

「あなたのことが大好き……」

「だけどあなたが感情的になっている時は、そうじゃないかもしれない」

「私たちはそんなに違わない」

「新学期の始まりは、私もあなたと同じくらい緊張してる」

「失敗を恐れないで」

残念そうな表情で座っている若者たち

Drew Angerer/Getty Images

「あなたの成功を支えるために、私がここにいる」

「細かいことで、くよくよしないで」

「小学校で過ごした時間が、学歴や職歴、個人の人生をとてつもなく大きく左右することはない。一生に一度のこの時間をただ満喫して欲しい。楽しんで。あなたは子どもなんだから」

「親切にしよう」

「人に親切にしなかったことを後悔する日がきっと来る」

「ハーバード大学の席は限られている」

卒業式の一コマ

Paul Marotta/Getty

「皆が皆、名門校へ進学するわけではない」

「テストが全てではない」

「問題の答えが分かったからといって、頭が良いとは限らない」

「勉強は常に楽しいとは限らない」

「私が教えて、あなたが勉強すべきことの中には、退屈なこともある」

「私もスマホ中毒」

スマホの画面をのぞく男女

Drew Angerer/Getty Images

「私も毎日、Facebookをチェックしたい衝動と戦っている」

「私はあなたを尊重し、その成功を祈っている」

「まだ10代だとしても、あなたは自分の物の見方を持ち、問題を抱える1人の人間だ」

「努力しなければ、成長できない」

「生徒やその親は、教師の仕事は生徒が賢くなるよう手助けすることだと思っている。その通り、私にできるのは手助けだけ。実際に勉強できるのは、生徒本人だけ」

「私も宿題が大嫌い」

分厚い本を開く人

John Moore/Getty Images

「休日や祝日にやらなければいけない仕事が増えるから」

「テストなんて気にするな」

「テストなんてくだらない。楽しむこと、いつも周りの人に優しくすること、そして自分に正直でいることだ」

「持っている資格で人生が決まるわけじゃない……」

「……だけど、持っていると役に立つ」

「肩の力を抜いて、楽しんで」

スクールバスの窓から顔をのぞかせる少年

REUTERS/Kim Hong-Ji

「小学校は楽しみながら勉強するところ。それほど深刻に考えなくていい」

「あなただけじゃない」

「私も高校時代はシェイクスピアが大嫌いだった」

「勉強は一生続く」

「勉強は学校だけでするものではない」

[原文:Teachers share 23 things they'd love to tell their students but can't

(翻訳:Yuta Machida)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中