世界各地の最も美しい幼稚園12選

ファーミング・キンダーガーテン(ベトナム)

Vo Trong Nghia Architects © Gremsy.jpg

幼稚園の設計に、建築家は相当の力を注ぎ込む。子どもが学校に対してどんな第一印象を抱くかは、建築家の腕にかかっている。

大きく開けた空間と明るい色調を活用した素晴らしい設計は、子どもを自然に冒険へと駆り立てる。

タイの気品あるケンジントン・インターナショナル・キンダーガーテン(Kensington International Kindergarten)から、ドイツにある猫の形をしたキンダーガーテン・ヴォルフアーツヴァイアー(Kindergarten Wolfartsweier)まで、学校教育のスタートを切るにあたって最高の場所を以下に紹介する。

エコール・マテルネル・パジョル(フランス・パリ)。この上なくカラフルな幼稚園。1940年代に、4つの保育室がある園舎が建てられた。最近改装され、内装もレインボーカラーになった。

エコール・マテルネル・パジョル

Olivier Palatre Architects

設計:Olivier Palatre Architectes

ファーミング・キンダーガーテン(ベトナム)。ArchDailyによって、世界で最も優れた新しい建築物の1つとして選出された。緑に覆われた屋根は庭の機能を果たし、農業と子どもたちを結び付けている。

ファーミング・キンダーガーテン

Vo Trong Nghia Architects © Gremsy.jpg

設計:Vo Trong Nghia Architects

出典:ArchDaily

シャイニング・スター・キンダーガーテン(インドネシア・ジャカルタ)。自然光を取り入れる小さな中庭や、屋外で遊んでいるかのような気分になれる天然木材使用の遊び場がある。

シャイニング・スター・キンダーガーテン

Djuhara + Djuhara

設計:Djuhara + Djuhara

ふじようちえん(日本・東京都立川市)。ドーナツ型園舎として2007年竣工。子どもたちが屋上デッキを駆け回ったり、木登りをしたり、ドアのない部屋の間を自由に移動できるように設計されている。

ふじようちえん

Tezuka Architects/Flickr

設計:手塚貴晴

小倉あさひ幼稚園(日本・埼玉県八潮市)。耐震性に優れた輸送コンテナでできている。工業的な印象はあるが、外で遊ぶのに十分なスペースも確保されている。

小倉あさひ幼稚園

Hibino Sekkei

設計:日比野設計

はなぞのこどもえん(日本・沖縄県宮古島市)。スライド式ドアを開けると、板張りのプレイルームとよく手入れされた芝生がシームレスにつながる。台風に耐えられるように設計されており、換気も簡単。

はなぞのこどもえん

Studio Bauhaus

設計:日比野設計幼児の城

ループ幼稚園(中国・天津)。多数の窓が並ぶ外壁はシャボン玉を思わせる。内部には、広々とした木の遊び場やカラフルなアトリウムが。

ループ幼稚園

Misae Hiromatsu

設計:SAKO建築設計工社

サルグミーヌ保育園(フランス・サルグミーヌ)。中心の保育スペースを核として、ヒトの細胞のように設計されている。建物を取り囲む庭は、細胞質さながら。ピンクに統一された内装により、遊び場は落ち着いた雰囲気になっている。

サルグミーヌ幼稚園

Paul Le Quernec

設計:Michel Grasso + Paul Le Quernec

ジョン・セプティマス・ロー・アングリカン・コミュニティー・スクール(オーストラリア・ビーチボロ)。天窓、バーチ合板の組み合わせ、ポップな色使いなど北欧デザインにヒントを得ている。内気な子でさえ、思わず引き込まれそうだ。

ジョン・セプティマス・ロー・アングリカン・コミュニティー・スクール

Brooking Design Architects

設計:Brooking Design Architects

ケンジントン・インターナショナル・キンダーガーテン(タイ・バンコク)。子どもの想像力をかき立てるように設計されている。カーブを描く壁が建物を囲むため、ハードな直線による閉塞感を子どもに抱かせない。

ケンジントン・インターナショナル・キンダーガーテン

Plan Architect

設計:Plan Architect

キンダーガーテン・ヴォルフアーツヴァイアー(ドイツ・カールスルーエ)。奇抜なデザインは、キンダーガーテン(kindergarten=子どもの庭)という言葉を生んだこの国にふさわしい。猫の形をした建物のしっぽの部分は、滑り台も兼ねる。

キンダーガーテン・ヴォルフアーツヴァイアー

Adriano A.Biondo

設計:Tomi Ungerer、Ayla-Suzan Yöndel

オランピアード保育園(フランス・パリ)。居心地が良いスペースがたくさん用意されていて、おもちゃで遊んだり、ひなたぼっこすることができる。外壁は明るいピンク。

オランピアード幼稚園

Eva Samuel Architect

設計:Eva Samuel Architect & Assoc.

sources:Vo Trong Nghia Architects © Gremsy.jpg、Olivier Palatre Architects、Djuhara + Djuhara、Tezuka Architects/Flickr、Hibino Sekkei、Studio Bauhaus、Misae Hiromatsu、 Paul Le Quernec、Brooking Design Architects、Plan Architect、Adriano A.Biondo、Eva Samuel Architect

[原文: 12 of the most beautiful kindergartens around the world

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中