5億5000万円のHondaJetに乗ってみた。プライベートジェットの新境地だ。

HondaJetと筆者。

HondaJetと筆者。

Benjamin Zhang

  • HondaJetは2015年に生産を開始。
  • 航続距離は、搭乗者4名で2265キロ。
  • 筆者は490万ドル(約5億5000万円)のHondaJetに搭乗し、スムーズな飛行とキャビンの広さに感激した。

ホンダは、高い技術力で知られている。また優れた製品を開発するために、時間をかけることをいとわない企業だ。たとえば、ホンダは2代目NSXを完成させるのに10年を費やした。同車は2016年のBusiness Insiderのカーオブザイヤーを受賞している

だから、ホンダが同社初のプライベートジェットを初飛行させるまでに30年を費やしたと知っても、我々は驚かなかった。1986年、若き飛行機エンジニア、藤野道格氏が率いるチームが、航空産業への意欲的な一歩を踏み出した。これはホンダの創業者、本田宗一郎氏が1991年になくなる前にゴーサインを出した最後の大プロジェクトの1つ。本田氏は大の飛行機好きだった。

2006年、ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Corporation)が、藤野氏をCEOとして設立された。490万ドルのHondaJetの開発、生産、販売がその目的。

「The Power of Dreamsは、ホンダにおいて私たちを導いてくれる原動力であり、理念だ」と藤野氏は同社のウェブサイトに記している。

「ホンダはこの度、誇りを持って我々の技術の最高峰を世に送り出す —— HondaJetだ」

同氏はHondaJetを「世界最新鋭の小型ビジネスジェット」と呼んだ。

先日、Business Insiderは、ホンダがデモンストレーションとして行ったHondaJetのテストフライトに搭乗する機会を得た。

その様子を紹介していこう。



晴れた秋の朝、我々はモリスタウン空港に到着した。トランプ大統領のプライベートヘリのすぐ近くに、鮮やかな赤色のHondaJet。

HondaJet

Hollis Johnson


全長約13メートル、全高約4.5メートル、翼幅約12メートル。小型のビジネスジェットだ。ライバルは...

HondaJet

Hollis Johnson


セスナ サイテーションM2とエンブラエル フェノム100。

セスナ サイテーションM2。

セスナ サイテーションM2。

Textron


ノースカロライナ州グリーンズボロのホンダエアクラフト本社で生産されている。

本社工場

Honda


一目見れば、HondaJetと普通のプライベートジェットの違いが分かるはずだ。特に、飛行機の性能を左右するノーズ(先端部)と翼のデザインは同社の自慢。

HondaJet

Hollis Johnson


藤野氏によると、ノーズのデザインは、同氏が休暇中にハワイの免税店で見かけたサルバトーレ・フェラガモのハイヒールからインスピレーションを得た。

ノーズ

Hollis Johnson


エンジンは、GE Honda エアロ エンジンズ製の新型ターボファンエンジンHF120。推力は2095ポンド。

エンジン

Hollis Johnson


残念ながら、VTECは搭載されていない。

エンジン

Hollis Johnson

VTEC(Variable Valve Timing and Lift Electronic Control system)は、同社の多くの車に搭載されている。VTECエンジンは低回転時には燃費効率に優れ、高回転時には高出力を発揮する。クルマ好きにはとても有名だ。

エンジンで特筆すべきは、その配置。

エンジン

Hollis Johnson


エンジンは胴体後部ではなく、主翼上面に配置。

エンジンの配置

Hollis Johnson


ホンダによると、エンジンを胴体から独立させることで、大きな荷物室と客室の騒音低減を実現。

エンジン

Hollis Johnson


胴体構造にカーボン強化プラスチック複合材を採用。従来のアルミニウム構造よりも軽くて強い。

HondaJet

Hollis Johnson


荷物室について言えば、後部に「トランク」があり...

トランク

Hollis Johnson


ノーズには「フランク(前部トランク)」がある。両方合わせた荷室容量は66立方フィート(約1.9立方メートル)。

前部トランク

Hollis Johnson


内部を見ていこう。

搭乗口

Hollis Johnson


客室は全長17.8フィート(約5.4メートル)、幅5フィート(約1.5メートル)、高さ4.8フィート(約1.5メートル)。つまり、ほとんどの大人は立てない。

客室

Hollis Johnson


4人なら快適に座われる。

客室

Hollis Johnson


ドア近くのジャンプシートと副操縦士席も使えば、最大6人が搭乗可能。

ジャンプシート

Hollis Johnson


これは、HondaJetが1人で操縦できるから可能なこと。また自分で操縦したいと考えるプライベートジェットのオーナーにとって大きなセールスポイントとなる。副操縦士を雇う必要がない。

コクピット

Hollis Johnson


客室後部の化粧室には、シンクと...

化粧室のシンク

Hollis Johnson


トイレ。

トイレ

Hollis Johnson


化粧室の天井には天窓も。

化粧室の天窓

Hollis Johnson


感想? 最高にクール。

HondaJetと筆者

Benjamin Zhang


何よりも、性能がスゴイ。乗客4人、鞄、カメラ機材を載せて、HondaJetが離陸に要した距離は、全長6000フィート(約1800メートル)の滑走路の半分以下。HondaJetは1分間に3990フィート(約1200m)上昇可能。

機体後部

Hollis Johnson


我々が最近乗った、より大型で高価な2000万ドル(約22億円)のエンブラエル レガシイ500の方が静かで洗練されていたが、490万ドルのHondaJetは十分穏やかで、声を張り上げて会話する必要はない。

飛行中のHondaJet

Hollis Johnson


窓は大きく、開放的で広々としている。

窓

Hollis Johnson


シートには革新的なフローティングボールジョイントシステムを採用。無段階に調節できる。

シート

Hollis Johnson


さらに、WiFiとタッチスクリーン方式のキャビンコントロールシステムが利用可能。

客室

Hollis Johnson


コックピットは、専用開発されたGarmin G3000次世代オールグラスアビオニクスシステムを搭載。

コクピット

Hollis Johnson


3つの14インチ高解像度タッチスクリーン。

コクピットのタッチスクリーン

Hollis Johnson


そしてフライトシステムは、小型のタッチスクリーンにすっきりと直感的にまとめられている。

小型のタッチスクリーン

Hollis Johnson


我々が話をしたベテランパイロットとHondaJetの関係者は、初心者でも5分あればフライトシステムを使えるようになると述べた。

コクピット

Hollis Johnson


最先端のHondaJetだが、いくつかはあえて従来の技術を採用した。多くの次世代ジェットとは異なり、HondaJetではフライ・バイ・ワイヤではなく物理的な操縦システムを搭載。

操縦桿

Hollis Johnson


最大巡行速度は、高度3万フィート(約9100メートル)において時速782キロ。実用上昇限度は4万3000フィート(約1万3000メートル)。つまり雲の上を、ほとんどの商用航空機よりも高く飛行できる。

機体後部

Hollis Johnson


航続距離は乗員1名、乗客3名で2265キロ。強い向かい風でも、ボストンからフロリダ州フォートローダーデールまで3時間以内で飛べる。つまり、東海岸から中西部のほぼすべての地点まで飛べる。

コクピット

Hollis Johnson


生産開始は2015年。現在、週に1機のペースで生産している。だが、購入には時間が必要だ。同社は2018年後半分まで受注残を抱えている。

機体全景

Hollis Johnson



[原文:I flew on Honda's new $4.9 million private jet, and it's an absolute game-changer

(翻訳:Conyac

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい