今日、アップルのイベントは故ジョブズ氏のモノローグとともに始まった

ジョブズ氏が映し出されたスクリーンの前に立つクック氏

Justin Sullivan/Getty Images

今日9月12日(現地時間)は、新しいiPhoneが発表されただけではない。アップルの新本社アップルパーク内のイベントスペース「スティーブ・ジョブズ・シアター」で、初めてイベントが開催された日にもなった。シアターの建築プロジェクトは当初、故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏が自ら指揮していた。

だからこそ、イベントは故ジョブズ氏のモノローグとともに始まった。「大きな配慮と愛」を持ってものづくりに取り組むことは人類への貢献であり、それが「アップルをアップルたらしめている」と故ジョブズ氏は我々に語りかけた。

モノローグの後、舞台に登場したティム・クック氏は、「スティーブが自分のシアターをオープンさせることが、最もふさわしい」と述べた。

故ジョブズ氏へのクック氏の言葉は以下。

「時間がかかったが、我々はようやく悲しみではなく、喜びとともに彼に思いをめぐらせることができる」とクック氏。

「スティーブのビジョンはアップルパーク、そしてアップルのあらゆるところで生きている。我々はずっと彼を称えていく」

クック氏の言葉は素晴らしいものだった。今年は、iPhone発売10周年でもあったから。2007年の初代iPhone発表は間違いなく、アップルにおける故ジョブズ氏の最も輝かしい瞬間だった。だが、ジョブズ氏の功績は、iPhoneよりも大きいとクック氏は述べた。

「彼の最高の贈り物は、他に類のない製品ではない。アップル自体だ」

[原文:Apple kicked off its big iPhone event with a touching tribute to Steve Jobs: 'We can now reflect on him with joy, instead of sadness'

(翻訳:原口 昇平)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい