アップルの顔認証システム、初めてのデモで失敗?

クレイグ・フェデリギ氏

デモで顔認証に失敗した?

Apple

アップルはiPhone X(Xは「テン」と呼ぶ)を発表。この最上位モデルで、アップルはスマートフォンの未来を提示した。

ホームボタンとTouchIDをなくし、新たに顔認証機能「Face ID」を搭載したのだ。

ユーザーがスマートフォンの画面に顔を向けると、iPhone Xはユーザーを認識し、ロックを解除する。

しかし、12日(現地時間)のイベントで、同社のバイス・プレジデント、クレイグ・フェデリギ(Craig Federighi)氏が行ったデモンストレーションでは、顔認証に失敗した。代わりに同氏はパスコードを入力してロックを解除した。

「もう一度、やってみよう」と同氏はステージ上で述べた。

だが映像を見直したユーザーの一部は、フェデリギ氏のミスではなく、ましてFaceIDのエラーでないことに気づいた。iPhone Xは、どうやらリスタートしてしまい、顔認証機能が動作する以前に、まずパスコードの入力を求めたようだ。

アップルによると、iPhone Xは、赤外線カメラを使ってユーザーの顔を捉え、AI(人工知能)でユーザーの顔を認識する。これはWindows Helloに似ている。マイクロソフトは2015年、顔認証機能をSurfaceに搭載した。

アップルは、FaceIDをテストするために、ハリウッドの特殊効果の専門家の協力を得たと述べた。フェデリギ氏はステージで、ちょっと気味の悪い、極めてリアルに再現された顔を見せた。そして、こうしたリアルな顔でも、FaceIDを破ることはできないと語った。

テスツ用の顔のモデル

FaceIDのテストのために作られた顔のモデル。

Apple

同氏は、極めて似た顔の人がFaceIDを破る可能性はあると述べた。だが、その確率は100万分の1とのことだ。

アップルはこれから、FaceIDがTouchIDと同様に安全で便利であると証明しなければならない。もしこの最初の取り組みで不具合などがあったら、アップルはFaceIDの普及に苦労することになる。

[原文:Apple's new facial-recognition iPhone-unlocking tool failed in its first public demo

(翻訳:増田隆幸)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい