ロシア軍が開発中だと言う「とんでもない」5つの兵器

ロシアのプーチン大統領

Reuters

プーチン政権が2000年に誕生して以来、ロシアの軍需産業は明らかに活気を取り戻している。しかし同時に、次世代の兵器に関して、技術的に実証されていない、滑稽とも思える開発計画を次々と明かしてきた。

例えば、ロシア政府は2015年、レーザー兵器を搭載した戦車を開発すると公言。2016年には、宇宙を拠点としたミサイル防衛システムを構築すると述べた。

こうした誇張や「半分だけの事実」、あるいは全くの嘘が続々と繰り出されるのには、おそらくさまざまな理由があるのだろう。

その主な理由として、「プーチンとその取り巻きがこだわる国家の威信と狂信的愛国心」を挙げるのは、米外交専門誌ナショナル・インタレスト(National Interest)だ。もちろん、広報上の戦略という面もあるだろう。ロシア製兵器のすごさを、見込み客にアピールしようとしているわけだ。

理由は何であれ、「とんでもない兵器」の開発計画がここ数カ月で少なくとも5つ発表されている。以下、紹介していこう。




1.火星でも走行可能な戦車「T-14アルマータ」

T-14アルマータ

Vitaly Kuzmin

ロシア国営メディア「スプートニク(Sputnik)」は8月下旬、新型のT-14アルマータは「火星の気温にも適応できる」と報じた

量産化には至っていないものの、装甲戦闘車両の新シリーズの1つとしてロシアが開発したこの新型T-14はなかなかの出来だ。

スプートニクの報道の根拠となっているのは、T-14に搭載された新しい高性能コンデンサにより、マイナス50度の低温下でもエンジンがかかるからだ。

だが、火星の平均気温はマイナス63度。おそらくT-14の内燃エンジンも、火星の大気には適応できないだろう。

2.宇宙を飛ぶ次世代迎撃戦闘機「ミグ41」

ロシアの迎撃戦闘機「ミグ31」

ミグ31。その後継機がミグ41だ。

Russian Ministry of Defense

ミグ41(MiG-41)の開発を進めるロシアの航空機メーカー、ミコヤンのイリヤ・タラセンコ(Ilya Tarasenko)社長は8月下旬にテレビ番組で、ミグ31の後継機であるミグ41は宇宙空間を飛ぶことが可能だと述べた。

この新しい迎撃機ミグ41は現在設計中で、実際に製造が始まるのは2020年半ば、配備されるのは早くて2035年になる。

とはいえ、専門家の大半は、ロシア政府にはそもそもミグ41を製造する予算がないのではないかと懐疑的だ。

また、製造できたとしても、次世代の迎撃機ミグ41が宇宙空間を飛行できる可能性はゼロではないが、ミグ31の性能を考えれば非現実的だ。

3.排水量11万5000トンの航空母艦

航空母艦

Ministry of Defence of the Russian Federation

ロシアは2015年、「プロジェクト23000E・ストーム(Project 23000E Storm)」と呼ばれる、排水量10万トンの航空母艦を造る計画を発表した。建造開始は2019年と言われている。

しかし、ロシアが国防予算を削減、造船業界にも建造能力がないであろうことから、この計画を「夢物語」だと見る者も多い。

ただ、ロシアのドミトリー・ロゴジン(Dmitry Rogozin)副首相は9月、政府は空母建造のために「極東地域に巨大なドライドック(乾ドック)」を造ることで、「排水量11万~11万5000トンの航空母艦を建造できる」と述べた

完成すれば、世界最大のアメリカ海軍の航空母艦「ジェラルド・R・フォード」よりも大きい。

出典:ナショナル・インタレスト

4.宇宙から核攻撃可能な爆撃機

離陸する航空機

Wikimedia Commons

ロシア政府は7月、アメリカが開発した謎に包まれた無人往還宇宙機「X-37B」に似たスペースシャトルを建造していると述べた。ただし、X-37Bとの違いは、軌道上から核弾頭で地球を攻撃できることだ。

皮肉にも、ロシアは2010年、アメリカがX-37Bに武器を搭載しようとしていると非難していた(実際には、X-37Bは武器を載せるには小さ過ぎる)。

いずれにせよ、このような宇宙船の軍事利用は国際法に反する上に、さまざまな理由から、製造されない可能性が高い。

出典:ナショナル・インタレストデイリービースト(The Daily Beast)

5.アメリカ沿岸の海底に埋め込んだ核ミサイル

ミサイル

Desmond Boylan/Reuters

ロシア国防省の元報道官は5月、ロシアのタブロイド紙に寄稿し、ロシア政府は「アメリカ沿岸の海底に、核兵器を積んだ『モグラのような』複数のミサイルを密かに配置している」と述べた(このミサイルは、モグラのように「自力で海底を掘り、命令があるまで『眠って』いる」という)。

しかし専門家は、この主張はかなり怪しいと述べ、ロシアが西側にゆさぶりをかけるための「ハイブリッド戦争(軍事力と、世論操作などの非軍事手段を併せた戦略)」の一環に過ぎないとしている。

sources:Vitaly Kuzmin、Russian Ministry of Defense、Ministry of Defence of the Russian Federation、Wikimedia Commons

[原文:5 outrageous projects Russia's military says it's working on

(翻訳:遠藤康子/ガリレオ)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい