iPhone X発売日から新Apple Watchまで アップル新製品 知っておくべき11の事柄

ティム・クック氏とジョナサン・アイブ氏

iPhone Xを紹介するCEOティム・クック氏とチーフ・デザイン・オフィサーのジョナサン・アイブ氏。

Justin Sullivan/Getty

アップルは9月12日(現地時間)に行われた新製品発表イベントで、iPhone 8、iPhone 8Plus、iPhone Xを発表、iPhone 8/8Plusは9月15日から予約を開始した。

新しいiPhoneには、初めてワイヤレス充電機能を搭載、iPhone Xには顔認証機能も搭載した。そのほか、Apple TV 4K、通信機能を内蔵したApple Watch Series 3も発表した。

アップルのイベントを写真とともに振り返ろう。



iPhone X:最新、最高のiPhone

iPhone X

Justin Sullivan/Getty

iPhone X(「X」はテンと発音)は、iPhone 7などのこれまでのモデルと一線を画す。アップルが「Super Retina HDディスプレイ」と呼ぶ5.8インチのディスプレイには、最先端の有機EL(OLED)ディスプレイを採用。カラーバリエーションはスペースグレイとシルバー。

予約受付は10月27日から、発売は11月3日。価格は11万2800円(税別)から。

iPhone 8/iPhone 8 Plus:Xと同時に発表された2モデル

iPhone 8と iPhone 8 Plus

Apple

前モデルのiPhone 7と同様、iPhone 8は4.7インチと、5.5インチの2モデル。カラーバリエーションは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色。iPhone 8/8 Plusも背面にガラス素材を採用、国際標準規格「Qi」に準拠したワイヤレス充電機能も搭載した。

予約受付は9月15日から、発売は9月22日。価格はiPhone 8が7万8800円(税別)から、iPhone 8 Plusが8万9800円(税別)から。

Apple Watch Series 3:アップルの第3世代スマートウォッチ

Apple Watch Series 3

Justin Sullivan/Getty

Apple Watch Series 3のセルラーモデルは、初めて携帯電話通信機能を内蔵。電話番号はiPhoneと共用で、iPhoneを自宅に置いてきてもApple Watchのみで通話できる。カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、グレイの3色。

予約受付は9月15日から。発売は9月22日。価格は3万6800円(税別)から。通信機能を内蔵したセルラーモデルは4万5800円(税別)から。

Apple Heart Study:Apple Watch Series 3を心拍数使った循環器の臨床研究

Apple Heart Study

Apple

Apple Watch Series 3は、心拍数アプリケーションも強化。安静時の心拍数が基準値を上回ると、アプリが通知してくれる。また、心拍数の変化を分析できるセンサーを活用し、スタンフォード大学と共同で「Apple Heart Study」を立ち上げると発表。研究では、Apple Watchが収集したデータを不整脈の研究に活用、今年後半にはアプリを提供する。

Apple TV 4K:4K HDRに対応

Apple TV 4K

Justin Sullivan/Getty

Apple TV 4Kは、前モデルのフルHD(1080p)よりも高精細な4Kに対応。さらにハイダイナミックレンジ(HDR)にも対応しており、より豊かな色彩とコントラストを生み出します。

さまざまな4K HDRコンテンツに加えて、スポーツやニュースのライブストリーミングにも対応。予約受付は9月15日から。発売は9月22日。価格は1万9800円(税別)から。

AirPower:初のワイヤレス充電器

AirPower

Apple

AirPowerは、大きく、強力なワイヤレス充電器。新型iPhone(iPhone 8/8 PlusとiPhone Xの3モデル)と、Apple Watch Series 3、AirPodsを同時に充電できる。

残念ながら、AirPowerの発売は2018年以降のようだ。アップルはAirPowerの技術を新しい規格として国際標準規格「Qi」に統合するために、ワイヤレスパワーコンソーシアムと調整中。アップルは、価格や発売時期は明らかにしなかった。

iOS 11:iPhone/iPad向け新OS

iOS 11

Apple

iOS 11は、日本では9月20日にリリースされる。例えば、iPadでは新しいファイルアプリケーションが使えるようになり、iPadはもちろん、クラウドのデータにもより簡単にアクセスできるようになる。

新しいApp Store、AR(拡張現実)アプリへの対応など、数々の新しい機能が登場する。

Apple Watch向けの新OS、Watch OS 4も同日リリースされる。

macOS High Sierra:Mac向け新OS

macOS High Sierra

Justin Sullivan/Getty

アップルのノートPC/デスクトップPC向けOS、MacOS High Sierraは、日本では9月26日にリリースされる。

新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」、インターネット上の動画の自動再生を防ぐ「Autoplay Blocking」、新しいPhotosアプリ、VRヘッドセットのサポートなど、新OSはApp Storeから無料配信される。

Face ID:顔認証によるiPhone Xのロック解除機能

Face ID

Justin Sullivan/Getty

Face IDは、iPhone Xに搭載された新たなロック解除機能。iPhone Xはホームボタンが廃止、つまりはTouch IDが廃止されたため、Face IDはiPhone Xのロックと解除を行える、唯一のセキュリティ機能となる。

アップルによると、FaceIDは、ひげや髪型の変化、眼鏡や帽子の有無などに対応。昼夜を問わず、ユーザーの顔を認識することができる。

アニモジ:自分の表情で動かせる絵文字

アニモジ

Justin Sullivan/Getty

アニモジ(animoji)は顔認証ソフトを使って、ユーザーの顔の動きを絵文字に反映。絵文字の表情を変えたり、セリフをしゃべらせることができる。アニモジは12種類、猿やパンダ、エイリアンやキツネなどがある。

アップルストアにも新展開

Apple Store_the Cube

Chris Hondros/Getty

アップルは来年後半、ニューヨーク5番街で「Cube」として親しまれてきた、ガラス製のエントランスを復活させる。Cubeは、地下の店舗に光を取り入れる。またアップルは、新たなフラッグシップストアを、シカゴのミシガン・アヴェニューにオープンさせる。

アップルのリテール部門の責任者、アンジェラ・アーレンツ(Angela Ahrendts)氏は、Apple Storeに「Today at Apple」という新たなコンセプトを導入、街を巡りながら上手く写真を撮る方法など、顧客に製品の使い方のアドバイスを行うと述べた。また、プログラミングを学べる教室や、教師が最新の教育アプリについて学ぶ教室なども開催する。

[原文:Here's everything Apple announced at its big iPhone launch event.

(翻訳:忍足 亜輝)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい