心理学者が教える、悪口が社交術に変わる時

リチャード・スティーヴンズ氏はキール大学で心理学を教えている。「黒い羊:愛想悪く振る舞うことで得られる誰も知らない利益(Black Sheep: The Hidden Benefits of Being Bad)」の著者でもある。スティーヴンズ博士は、「悪口は時に、他人と社会的関係を築く際に有効なツールだ」と話す。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中