iPhone 8実機レビュー:これは「羊の皮を被った狼」だ —— カメラ高画質化、動作速度に劇的な変化

発表会直後、本誌にて筆者は、「iPhone 8は中継ぎではない」と書いた。実機を使ってみると、その思いはさらに強くなる。デザイン変更部分が小さいので新鮮さには欠けるものの、iPhone 8シリーズは、iPhone 7よりかなり進化している。特にカメラの変化は圧倒的だ。 アップルが、デザイン的には保守であるiPhone 8で狙ったのは、「普通の人」が好みそうなカメラの進化であり、新機軸の用途(AIとAR)に対する一種の基盤整備だった。

iPhone 8とiPhone 8 Plus

iPhone 8 Plus(手前)とiPhone 8(奥)。ガラスボディ以外に変化が少ない製品に見えるが、その見方は間違いだ。

カメラ画質向上裏にある「ハード・ソフトの総合力」

iPhone 8シリーズは、4.7インチの「iPhone 8」と5.5インチの「iPhone 8 Plus」の2ラインナップ構成だ。ワイヤレス充電の採用により背面がガラスになったが、デザインの大枠に変化はない。別の言い方をすれば、使い方もいままでのiPhoneと大差ない。

iPhone 8 PlusとiPhone 8

iPhone 8 Plus・ゴールドモデル(左)と、iPhone 8・シルバーモデル(右)。ガラスになって質感は変わったが、デザインの大枠は変わらない。

iPhone 8 PlusとiPhone 8

表側。こちら側の見た目はiPhone 7シリーズにかなり近い。

セッティングが終われば、いつものように一切の戸惑いなく使えることは、ある人にとっては「変わらなくてありがたい」ことだし、ある人にとっては「同じでつまらない」ことだ。その辺は、アップル側としても意図的に狙ったはずだ。

では、「使い勝手」は同じなのか? というとそうではない。劇的な変化を感じた部分がある。その1つはカメラだ。

iPhone 8系のカメラは、特に「光量が少なく、撮影が厳しいシーン」に強いようだ。夜景は明るく鮮やかになるし、レストランで食事を撮影する時もより美味しく見える。良く晴れた公園のように、本来非常に恵まれた撮影環境であっても、発色・ディテール感がさらに良くなったように感じる。この辺は、実際に撮影したサンプルを見ていただくのがわかりやすい。当然、すべて同じ条件で撮影したものであり、撮影時には「一切特殊な設定をせず、シャッターを切っただけ」だ。

iPhone 8で撮影した夜景

iPhone 8で撮影した夜景。iPhone 7/7 Plusと比較すると、左のビル照明に照らされた外壁描写がまったく違うことがわかる。(タップするとフル解像度で表示)

iPhone 8 Plusで撮影した夜景

iPhone 8 Plusで撮影した夜景。傾向は素の8と近い。7と比較すると、3脚固定してシャッタースピードを遅くしたかのような、明るめの絵づくりが好印象だ。(タップするとフル解像度で表示)

iPhone 7で撮影した夜景

iPhone 7で撮影した夜景。端的に言うと、iPhone 8より暗めになっていることがわかる。(タップするとフル解像度で表示)

iPhone 7 Plusで撮影した夜景

iPhone 7 Plusで撮影した夜景。こちらも傾向は似ている。(タップするとフル解像度で表示)

こう書くと、さぞ撮影用のセンサーが良くなったんだろう……と思われそうだ。実は、iPhone 7系と8系では、レンズやセンサーに「数字上の優位点」はない。もちろん新しい世代に変わっているし、カラーフィルターも変更になっているようだ。とはいえ、「800万画素が1200万画素になった」というような、わかりやすい進化があったわけではない。秘密は、ソフトとハードのインテグレーション(すり合わせ)にある。

アップルはカメラについて、センサーやレンズなどの「デバイスの進化」とソフトの進化の両面でアプローチしてきた。特にソフトについては、他社よりかなりアグレッシブなアプローチをしている。iPhone 8での進化は、まさにソフトとハードの合わせ技でなくてはできないものだ。

iPhone 8系では、プロセッサー(主要半導体部品)を新世代の「A11 Bionic」に刷新した。A11 Bionicには、画像処理を助ける「ISP(イメージ・シグナル・プロセッサー)」という機能と、AI的な処理を司る「バイオニック・ニューロ・エンジン」が組み込まれている。アップルは数年前から「写真の画像処理に機械学習の成果を使っている」と公言している。そこから考えると、ISPとバイオニック・ニューロエンジンの合わせ技によって、より高度な画像処理を撮影時に行うことで、「単にシャッターを切っただけでも、より見栄えの良い写真が撮れる」と考えられる。

カメラの画質はスマホを購入する際に、大きな要因となる部分だ。iPhoneはもともと評価が高いが、それでも、iPhone 7を超えるカメラを搭載した他社製品は出てきている。そうしたライバルに対し、総合力で戦うのがアップルのやり方だ。「性能の高いデバイス」で戦うと、結局、メーカー間で「高性能デバイスの取り合い」が起き、そこで勝った会社が性能でも販売でも勝つ。アップルは自社開発部分(A11 Bionic)を他社では到達しづらい領域にまで広げることで、「高性能デバイスの取り合い」からは一線を画し、さらに、自分達が考える理想の方向へと差別化領域を広げようとしている。

処理性能は、まさに大ジャンプ

最新機種の良いところは、「過去のものよりも速い」こと。動作が速いことはストレス軽減につながり、利用者に快適をもたらす。速度だけでスマホを買う人は少なくなったが、それでも「サクサク動くスマホ」はカメラの善し悪しと並び、重要な評価軸だ。ベンチマークソフト「GeekBench 4」で調べてみると、iPhone 8は、iPhone 7に比べかなり速くなっていることがわかる(画像参照)。

iPhone8でGeekBench 4を計測

GeekBench 4の結果。iPhone7と比較しても2倍近いスコアーになっている。

やはりそれは、プロセッサーが進化したからに他ならない。事実、A11 Bionicは、これまでのiPhone用プロセッサーより何歩も優れた存在だ。ただしそれは、単純にCPUの速度があがったからではなく、マルチコアCPUを活かした「マルチタスク性能」が劇的に向上していること、写真やAIの専用処理回路を加えたことなどが、大きな要因となっている。特にマルチタスク性能は、GeekBench 4の場合、iPhone 7に比べ倍近い性能になっている。

AIの民主化時代を目前に、スマートフォンにはもっともっと高い性能が必要になる。だが、愚直に演算速度だけをあげていれば良い時代は終わった。汎用的な演算の速度よりも、AIや写真、グラフィックの処理など、「その場で必要とされる処理の”効率”を上げる専用機能」の能力が重要になってくる。A11 Bionicは、その時代をきちんと見据えており、アップルにおけるプロセッサー設計の基礎になりそうなイメージを持つ。特にAR(オーグメンテッド・リアリティ、拡張現実)は、「画像のノイズ軽減」「画像からの奥行き推定」「CGの描画能力」「一般的なデータ処理」など、多数の要素が絡むものだ。9月19日公開の新OS「iOS11」を使うとiPhone 8以外でも利用可能だが、iPhone 8の方が機能の最適化が進んでおり、快適に使える。以下の動画は、iPhone 8 PlusにてARKit対応アプリである「アメミル」(島津ビジネスシステムズ)と「Sky Guide」(Fifth Star Labs)を使っている様子を記録した動画だ。

星座の位置を教えてくれる「Sky Guide」。ARに対応したことで、完全な晴天の中でも「本当はどこにどの星座があるか」がわかる。

天候レーダーの情報を提供するアプリ「アメミル」がARKitに対応。日本近辺の降雨状況を俯瞰で観察できる。

iPhone 8のARは、筆者の目にはiPhone 7でのARと極端な差はないように思えた。もちろん、映像がなめらかになり、少し暗いシーンで位置を見失うようなことが少なく、iPhone 8の方が優秀であったのは間違いないのだが。現在の「シンプルなARアプリ」ではその差は小さいが、今後ARが進歩し、より複雑になると、iPhone 8のマシンパワーが生きてくることだろう。 ARの世界はまだ初期段階であり、キラーアプリも見つかっていない。ARKitによるビジネス領域の拡大は、アプリ市場の開拓が第一歩だ(ちょうど、2008年にアップルがAppStoreを開始したときのように)。スマホをいちいちかざすのは面倒だから、おそらく本命は「ゴーグル型」になるだろう。けれども、それが出てくるのはまだ先だ。そこまでの「階段」として、iPhone 8は重要な役割を果たすだろう。

そして見過ごされがちなことだが、プロセッサーの性能の面で、iPhone 8とiPhone Xとは大きな差がない。iPhone Xに比べて安価であることを考えると、特別なこだわりがないなら、今年はiPhone 8を選ぶのは良い選択だ。iPhone Xを高価なものにしているパーツ群は、来年以降価格が安くなり、より一般的なものに変わる可能性もあるからだ。

それでも、結局はiPhone 8を「中継ぎ」だと言う人はいるだろう。とはいえ、それは「iPhoneの次の10年」にとっての中継ぎであって、ユーザーにとってではない。そもそも、これだけ力のある中継ぎはそうそういないと思うのだ。


西田宗千佳: フリージャーナリスト。得意ジャンルはパソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主な著書に「ポケモンGOは終わらない」「ソニー復興の劇薬」「ネットフリックスの時代」「iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」など 。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい