ウォルマート、顧客の留守中に鍵を開け、冷蔵庫に生鮮品を入れるサービスを実験

家庭用防犯カメラからの映像

配達スタッフが生鮮品を冷蔵庫に入れるところを見ている顧客。

Walmart

ウォルマートは顧客が不在でも、冷蔵庫に生鮮品を直接、配達するサービスのテストを行う。

9月22日(現地時間)、同社はスマートロックのスタートアップ、オーガスト・ホーム(August Home)との提携を発表、配達スタッフが顧客の家に入り、生鮮品を冷蔵庫の中に入れるサービスを発表した。

実験はシリコンバレーで行われ、参加を申し込んだ少数のオーガスト・ホームの顧客が対象。

「考えてみてください。誰かがあなたのために買い物をし、さらに全て冷蔵庫に入れておいてくれる」とウォルマートのEコマース戦略・運営担当バイズプレジデント、スローン・エデルストン(Sloan Eddleston)氏は9月22日、同社のブログに記した。

同氏はブログに「冷蔵庫への配達」のプロセスを記した。

ウォルマートのビデオからのスクリーンショット

冷蔵庫への配達サービスの説明ビデオ。これまでの同社とは異なる、スタートアップ風のビデオだ。

Walmart

生鮮品を届けにきた配達ドライバーは、顧客が不在の場合、スマートロックのワンタイムパスワードを使って鍵を開ける。荷物を冷蔵庫の中に入れる。そして家を出る。その後、ドアは自動で施錠される。

顧客はドライバーが呼び鈴を鳴らした時に通知を受け取る。必要に応じて、オーガスト・ホームのセキュリティカメラを通して、一連のプロセスをアプリを使って見届けることも可能だ。

ウォルマートは、Eコマースへの巨額の投資を続けている。影響力を増しつつあるアマゾンに対抗するためだ。調査会社Slice Intelligenceによると、ウォルマートのオンライン売り上げは2017年第2四半期、前年同期比73%成長を遂げた。生鮮品は同社のアメリカ国内のEコマース売り上げの26%を占めた。

「今日、新しく思えることが、明日は当たり前になる」とエデルストン氏。

「これは全ての人が対象ではないし、もちろんすぐに実現できることでもない。だが、顧客には実験に参加し、未来のショッピングを形作る取り組みに手を貸してほしい」

冷蔵庫への配達を行うウォルマートの動画。

[原文:Walmart wants to walk into your home and put groceries in your refrigerator (WMT)

(翻訳:一柳優心)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい