これは本気だ!AIスピーカー 「Google Home」2機種 日本上陸にかける意気込み

Googlehome06

10月5日、グーグルは東京都内で発表会を開催。音声認識AI「Googleアシスタント」を搭載するスマートスピーカー「Google Home」(1万4000円)および「Google Home Mini」(6000円)の国内投入を正式発表した。特にGoogle Home Miniは「スマートスピーカーでありながらガジェットっぽくないデザインを目指した」と説明する。

海外で先行して発売していたGoogle Homeは10月6日(金)に発売。また小型化した新発表の「Google Home Mini」は10月23日(月)に発売する。購入はGoogle Storeなどから購入できるとしている。またTSUTAYAでは10月6日より一部店舗で800円(税抜)にて端末のレンタルも開始する。

Google Homeは、機能的にはスマートフォンで使える「Googleアシスタント」のさまざまな音声認識機能+α、というのがその全容になる。テレビに接続して使うChrome Castを音声操作したり(Netflixの動画を音声で検索してテレビで再生、早送りなど各種操作が可能)、Googleアシスタントの「Actions on Google」(以下AoG)という仕組みを使って、グーグル以外のサービスと連携させることもできる(AoGの日本語版提供は数週間後の予定)。発表会ではAoGのデモとして、楽天レシピと連携して、使いたい複数の食材を話しかけるだけでレシピの提案をするデモも披露した。

また家電同士が相互連携するスマートホームの音声操作プラットフォームとしての機能も注目だ。今回、日本版サービス開始にあたって複数の対応家電メーカーが具体名が挙げられている。フィリップスのスマート電球「Hue」のほか、KDDIのau Home、インテリジェントホーム(イッツコム)、ダイワハウス、アイロボットのRoombaの5社だ。

国内サービス開始時に発表された対応サービスは以下の通り。全てが日本のサービスインと同時に始まるわけではないものの、しっかりと国内ローカルのコンテンツホルダー各社と準備を進めてきていることが見てとれる。

今週月曜にアマゾンも日本版の年内サービス開始を急遽リリースしたが、ここまでの具体的な情報はない。現状、LINEのClovaプラットフォーム上でのサービスと比べても、Google Homeは予想以上にサービス連携の網を順調に広げて開始してきた印象が強い。まだ未知数のアマゾン Echoがどう出るのか。注目だ。

(文、撮影:伊藤有)

Google Home Mini。手のひらに乗るサイズで、スマートスピーカー機能も備える。

Googlehome012


本体にある端子とボタンは、この充電用のmicro USBと、左の電源ボタンのみ。

Googlehome09


裏面。日本向けの技適マークも入っている。

Googlehome01


Google Home。こちらの方がサイズは大きく、LINEのスマートスピーカー「Wave」などと同じカテゴリーだ。

Googlehome011


販路の一覧。Google Storeだけでなく、ヤマダ電機やビックカメラといった大手量販でも販売する。

Googlehome07


スマートホーム対応家電メーカー。アメリカ登場時から時間があいただけに、日本版ではサービス開始時からパートナーを固めてきた。

Googlehome05


コンテンツパートナー。radikoやうたパス・ビデオパスといった日本ローカルのコンテンツパートナーも。

Googlehome03


サードパーティーのWebサービスへの対応。レシピ系やグルメサイト連携はユーザーに日常での「便利さ」を感じさせる上で重要な対応だ。

Googlehome04


ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい