レトロなのか最新なのか? ThinkPad 25周年記念限定モデルの凄い「こだわり」

Thinkpad5

今からちょうど25年前の10月5日、プレミアムなビジネスノートとして知られる「ThinkPad」がIBM(当時)の大和研究所(神奈川県大和市・当時)で誕生した。レノボ・ジャパンは10月5日、ThinkPad発祥の地であるレノボ横浜大和研究所で、ビジネスノートPC「ThinkPad」の25周年を記念した限定モデル「ThinkPad Anniversary Edition 25」を発表した。

レノボによると限定モデルの発売にあたって、2015年6月25日から世界中のThinkPadファンからSNSを通じたフィードバックを開始。集められた声をもとに、外観にレトロThinkPad調のデザインを取り入れ、今回のデビューとなったという。とりわけ、根強い人気を持つバックライト付きの7列キーボード「ThinkPad Classicキーボード」、3色カラーのロゴなどに歴史的なディテールが含まれている。

性能は現代的な仕様で、CPUに第7世代Core i7-7500U(2.7GHz)16GBのメモリー、ストレージは512GBのSSD。重量は約1.69kg、バッテリー駆動時間は約6.5時間。OSはWindows 10 Pro。

ThinkPad Anniversary Edition 25は10月6日から販売を開始、国内では1000台限定のモデルになる。価格は17万9500円(税抜)だ。(文:伊藤有)

キーボード上部には25周年記念を示す「Anniversary Edition 25」

ThinkPad Anniversary Edition 25


右側面にはヘッドホン端子、USB3.0、HDMI、SDカード

ThinkPad Anniversary Edition 25


左側面にはUSB Type-C(Thunderbolt3)、USB3.0など

ThinkPad Anniversary Edition 25


キーボードは根強い人気を持つバックライト付きの7列「ThinkPad Classic」キーボードを採用

ThinkPad Anniversary Edition 25


カーソルキーの右には指紋センサーも搭載

ThinkPad Anniversary Edition 25


ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい