最新技術が満載! ハイテクSUV10選

ボルボXC90

Volvo

アメリカでは、車を買うなら「大は小を兼ねる」が決まり文句だ。

SUVとピックアップトラックの人気は依然として続いている。クロスオーバーSUVは、近年、日本でも人気だ。

SUVといっても、それぞれに特徴がある。今回は最先端の機能を満載したSUVを紹介しよう。

1. ボルボ XC90:居住性やラグジュアリーさが特徴、だがそれだけではない。例えば、4つのカメラで車の周囲を確認できる360度カメラなど、さまざまなハイテク機能を搭載。

ボルボXC90

Volvo

パーク・アシスト・パイロットは駐車時にドライバーに代わってハンドルを操作。

ボルボXC90

Volvo

緊急時に自動的にブレーキを作動させる機能をはじめ、歩行者やサイクリストを検知する機能、右折時に対向車を検知する機能などボルボ自慢のさまざまな安全機能を搭載。

ボルボXC90

Volvo

3列シートで乗員は7人。

内装

Volvo

エンジンは3種類。2.0リッタースーパーチャージャー&ターボエンジンは最高出力320馬力。プラグインハイブリッドエンジンもある。日本での販売価格は799万円(税込)から。

2. アウディ Q7:初代モデルからフルモデルチェンジ。ハイテク面を大幅に強化し、安全機能を充実させた。

アウディ 2017 Q7 SUV

Audi

走行レーンを維持するアクティブレーンアシスト、高速道路での渋滞時に加減速、ハンドル操作をアシストするトラフィックジャムアシストなど、数々の運転支援機能を搭載。

アウディ2017 Q7 SUV

YouTube/Audi

従来のようなメーターはなく、12.3インチ高解像度ディスプレイが速度計、回転計、地図などを表示。オプションでフロントウィンドウにナビゲーションを表示するヘッドアップディスプレイも選べる。

アウディ 2017 Q7 SUV

YouTube/Audi


3列シートはさまざまにアレンジ可能。2枚のガラスで構成されたパノラマサンルーフも選べる。

アウディ2017 Q7 SUV

Audi

日本での販売価格は804万円(税込)から。

テスラ モデルX:縦に開閉するファルコンウィングドアなど洗練されたデザインが特徴的だ。しかし、モデルXの特徴はテスラ自慢の高度な自動運転機能。

テスラ_モデルX

Tesla Motors


8台のカメラと12個の超音波センサーが周囲を検知。速度標識も読み取る。

テスラ_モデルX

Tesla


17インチタッチスクリーンでドアとトランクの開閉も操作可能。またマップやナビゲーション情報も表示。

テスラ_モデルX

Cadie Thompson/Tech Insider


クラス最大級の広さを誇る。

内装

Tesla

P75、100D、P100Dの3つのモデルがあり、ルーディクラス(Ludicrous)モードを搭載したP100Dは、3.1秒で時速100キロまで加速する。日本での販売価格は1041万円(税込)から。

4. レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック:550馬力のV8スーパーチャージドエンジンを搭載。

レンジローバー_SVオートバイオグラフィー ダイナミック

Jaguar Land Rover


3列シートではないが、独立したリアシートはリクライニング機能とマッサージ機能を搭載。

レンジローバー_SVオートバイオグラフィー ダイナミック

Land Rover

日本での販売価格は2405万円(税込)から。

5. ベントレー ベンテイガ:同社初のSUV。エンジンはW12。

ベントレー_ベンテイガ

Bentley


さまざまな運転支援機能を搭載。

ベントレー_ベンテイガ

Bentley



前列シートの背面には、8インチディスプレイ。

ベントレー_ベンテイガ

Bentley


全シートにマッサージ機能を搭載。リアシートにはリクライニング機能とフットレスト。

ベントレー_ベンテイガ

Bentley

巨大なエンジンが大きなボディを4.1秒で時速100キロまで加速する。最高速度は301キロ。日本での販売価格は2739万円(税込)から。

6. 三菱 アウトランダーPHEV:ペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐ機能など、さまざまな安全機能を搭載。

三菱アウトランダーPHEV

Mitsubishi


EV走行、シリーズ走行(エンジンで発電した電力を使ってモーターだけで走行)、パラレル走行(エンジンをモーターがアシスト)の3つの走行モードがあり、道路条件に応じて車が自動で選択する。

三菱_アウトランダーPHEV

Mitsubishi


スマートフォン連携ディスプレイオーディオはアンドロイドとiOSに対応、スマートフォンを簡単に接続できる。

三菱_アウトランダーPHEV

Mitsubishi

日本での販売価格は約366万円(税込)から。

7. リンカーン MKX:パークアシストなどの半自動運転機能を搭載。

リンカーン_MKX

Lincoln


4台のカメラが周囲の状況を検知。アプリを使ってエンジンの始動、ドアのロックと解除などが可能。

57a10cbcdd08950e338b4a1d

Lincoln


大型のサンルーフや豪華なオーディオシステムなどのオプションも。

リンカーン_MKX

Lincoln

日本での販売価格は665万円(税込)から。

8. アウディ Q5:クロスオーバーSUVを検討しているなら、最近フルモデルチェンジしたQ5もオススメ。

アウディ 2018 Q5

Audi


12.3インチ高解像度ディスプレイが速度計、回転計、地図などを表示。表示内容はハンドルから切り替えられる。センターコンソールには8.3インチのインフォテインメントシステム。スマートフォンと連携可能。

アウディ_2018 Q5

Audi


緊急自動ブレーキ、レーンキープ、トラフィックジャムアシストなどの先進機能を搭載。

アウディ_2018 Q5

Audi

日本での販売価格は662万円(税込)から。

9. マセラッティ レヴァンテ:同社初のSUV。レーンキープ、交通標識の認識、緊急自動ブレーキなど、数々の先進機能を搭載。

マセラティ_レヴァンテ

Matthew DeBord/BI


ダッシュボードの中央には8.4インチのタッチスクリーン。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応。

マセラティ_レヴァンテ

Matthew DeBord/BI

日本での販売価格は約1091万円(税込)から。

10. シボレー ボルト:EVクロスオーバーなら、シボレー ボルトは見逃せない。航続距離は240マイル(約390キロ)。

シボレー・ボルト

Hollis Johnson


ボルボ XC90などと比べるとハイテク装備は少ないが、価格を考えれば相応だ。だが、デジタルインストルメントパネルやレーンキープ、スマートフォンのワイヤレス充電機能などが搭載されている。

デジタルインストルメントパネル

Hollis Johnson

価格は3万6620ドル(約540万円)から(日本では未発売)。

[原文:The 10 most high-tech SUVs on the market

(翻訳:忍足 亜輝/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい