思わず唸る「プチ高級TKG」は麻布十番にあり!1780円で「ウニ・イクラ・キャビア入り」卵かけごはん

20170925004350-dcl8v

もはや国民的ソウルフードと言っても過言ではない、卵かけご飯。ササッと作って、おいしく味わえる、手軽なレシピとしても支持されていますよね。しかし、そんな庶民派なイメージを覆したのが、麻布十番にある予約困難店「十番右京」です。

20170925004422-esx5p

豪華な食材がのっている「海の卵かけごはん (1,780円 税別)」が、とっても豪華! まずは調理工程をご覧ください。

海の宝石たちが黄身と絡み合う!

20170925004405-ub8lp

ウニやイクラ、卵の黄身のコントラストが美しいですね。黄身の下には、ウニ醤油のタレが潜んでいるんです。では、試食してみましょう!

20170925004438-tc6r3

まず、イクラから流れ出る旨味と、ウニの風味が、口の中に広がります。黄身を崩してウニ醤油も絡めれば、さらにコクが増すんです。さらに、キャビアの塩気も相まって、海の幸の風味がより一層濃いものに。口の中が喜んでいるのがわかります!ご飯がどんどん進んで、アッという間に完食です。

素材の良さにもこだわり

20170925004406-ev95h(1)

素材のひとつひとつが、実においしいのです。「イタリア産のキャビアや、時期によって鮮度の良い上質なウニやイクラを仕入れています」と、店長の河合愼平さんが教えてくれました。

20170925004438-vbziu

「ご飯も卵かけご飯にふさわしい、粒が大きくて、固めのものを使用しています。黄身が濃い品質の卵は、岩手産のものですよ」。なるほど、厳選された素材の競演なのですね。

平日深夜と恵比寿店が狙い目

20170925004422-t2svh

平日は1週間から10日ほど前に予約をしなければ、入店がむずかしい「十番右京」。狙い目は「平日の深夜に〆としてお越しになられると、スムーズに入れます。また、内装がゆったりしている恵比寿店もオープンしたので、ぜひお越しください!」とのこと。夢のような「海の卵かけごはん」の豪華な味わいを、ぜひ体験してみては?

十番右京

東京 港区 麻布十番

居酒屋

rettyグルメニュースより転載(2017年9月25日公開の記事)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中