iPhone Xや8はもう古い? 次のiPhoneの話をしよう

iPhone 8とiPhone X

Apple

iPhone 8とiPhone Xは、素晴らしい。だが、買い換えは来年のiPhoneまで待つという選択肢はありだろうか?

スマートフォンが遅くなってしまい、日常の使用に耐えないという状態なら、買い替えるタイミングだろう。iPhone SE、6S、7、8、Xの中から自分に合ったiPhoneを選べば良い。来年のiPhoneを考える必要はない。

だが、もし待てるなら、もう2018年に発売されるiPhoneの噂が出回っている。

現時点の噂のほとんどは、次のiPhoneのディスプレイに関するものだ。これは、デザインが大幅に変わることを示唆している。少なくとも「ミッドレンジ」のiPhone 8の後継モデルについては。

しかしまだ、名称については何の手掛かりもない。iPhone 8Sなのか、iPhone 9なのかはまったく分からない。ここでは仮に「2018 iPhone」と呼ぶことにしよう。

注意してほしいのは、噂は初期段階のもので、アップルが来年9月に新しいiPhoneを発表するまでに変更される可能性が高いということ。そもそも、これらの噂が正確な情報である保証はない。あくまでも仮の話と捉えて欲しい。

では、2018 iPhoneの噂をチェックしよう。



iPhone 8の後継モデルはベゼルレス(狭額ベゼル)

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、次のミッドレンジモデルは、iPhone Xのようなベゼルレスとなる。

具体的には、アップルはジャパンディスプレイの「フルアクティブLCD」の採用を検討しているようだ。エッセンシャルフォン(下の写真)やシャオミ Mi Mix2を見れば、イメージが湧くはずだ。

1つだけ記しておくと、フルアクティブLCDを使用する場合、iPhone Xなどの有機ELディスプレイとは異なり、少なくとも1カ所に他の箇所よりも大きめのベゼルが残る。通常は画面下部だ。

ベゼルレスのスマートフォン

このタイプのLCDディスプレイは、比較的安価で、iPhone Xで使われている有機ELディスプレイと比べると供給不足の問題も起きにくい。これらの2つの要因で、iPhone Xは高価になっている。

2018 iPhoneは6インチ以上の大画面モデルも

Galaxy Note 8

Galaxy Note 8は6.3インチのディスプレイを搭載。iPhone 8 Plusの後継モデルも同様のサイズになるだろう。

Sarah Jacobs/Business Insider

コリア・ヘラルドによると、アップルはジャパンディスプレイに6インチ超のLCDディスプレイを発注している。

有機ELディスプレイを搭載したiPhone Xの後継モデル用とは考えにくい。iPhone 8 Plusの後継モデル用だろう。

2018 iPhoneがベゼルレスになることは、iPhone 6時代のハードウエアデザインの終わりを意味する

ベゼルレスのスマートフォン

YouTube/Marques Brownlee

これはアップルがフルアクティブLCDを採用するという噂に基づく我々の推測にすぎないが、iPhone 8 Plusの5.5インチディスプレイよりも大きなサイズになるだろう。

デザイン変更がなくても、フルアクティブLCDとベゼルレスディスプレイを採用すれば、2018 iPhoneのデザインは、これまでのモデルとは違ったものになるだろう。

iPhone Xの後継モデルもより大きく

iPhone X

Business Insider

ETニュースによると、アップルはiPhone Xの有機ELディスプレイを製造しているサムスン・ディスプレイに5.28インチ、5.85インチ、6.46インチの有機ELディスプレイを発注したようだが、その後、最も小さいサイズの発注はキャンセルされた模様。

アップルは来年、より大きな6.46インチのiPhone Xの後継モデルをラインナップに追加すると噂されている。11月に発売されるiPhone Xには5.8インチの有機ELディスプレイが搭載されている。

source:Apple、YouTube/Marques Brownlee

[原文:Forget the iPhone 8 and iPhone X — rumors about next year's iPhones are already starting to emerge

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい