なぜ?LINE Payカードがコンビニ店頭などでの販売終了を告知

LINE Payカード

コンビニで陳列販売されているLINE Payカードの様子。編集部近くのファミリーマートではまだ在庫豊富に販売をしている。

LINE Payのプリペイドカード「LINE Payカード」が、店頭販売を終了することがわかった。同社がLINE Payユーザー向けに10月11日にアナウンスした。LINE Payカードはチャージ方法によって実質的なポイント還元率が高いプリペイドカードとして一部で人気が高かった。

LINE Payユーザー向けの「お知らせ」によると、店頭販売終了の日付を「2018年1月15日」としているものの、「店頭在庫の状況により1月15日より早く終了する場合」があるとも注意書きをしており、実際には流通在庫がなくなり次第終了していく方針のようだ。

LINE Payのカード券面

LINE Payカードの店頭販売終了のアナウンス

LINE Payカードの店頭販売終了のアナウンス。

なぜ今回の決定に至ったのか。「お知らせ」によると、提供が終了するのは店頭販売のみで、郵送での販売はこれまで通り継続。つまり、LINE Payカードそのものがなくなるわけではない。

LINE Payカードは2016年11月22日からコンビニ店頭などでの販売を開始。当初のリリースでは、取り扱い店舗数は全国3万店以上。

LINEは当初、店頭販売を開始した理由として、

「郵送でカードをお届けするまでに1~2週間お待ちいただいておりました。そのため、ユーザーから『申込んでから届くのに時間がかかる』、『もっと早く使いたい』などの声をいただいておりました」(店頭販売開始時のリリースより)

としていて、ユーザーの利便性を高める手段として、コンビニでの取り扱いを開始した経緯がある。

店頭販売終了の経緯と影響については、LINE広報に問い合わせ中。回答があり次第、続報をお伝えする。

(文:伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい