まさかの40%オフ! 大型セール実施中のナイキに何が起きているのか?

ナイキ_スニーカー

ナイキのセールは、同社がいまだ迷走状態にあることを示している。

AP/Mary Altaffer

ナイキが大型セールを実施中だ。

同社の公式ウェブサイトNike.comでは現在、セールが行われていて、ランニングシューズやスポーツウェア、その他スポーツ用品など一部の商品が、48時間限定で40%オフとなっている。

これまでほとんどセールを行ったことがないナイキにとって、大きな転換だ。過熱する競争や、アスレジャー・ブームの陰りを受け、近頃のナイキはプロモーションに力を入れている。

NPDグループのアナリスト、マット・パウエル(Matt Powell)氏は、ナイキのセールを「前例のないことだ」とツイートし、「この偉大な業界が、他の10代向けの小売業と同じ道をたどっている」証しだと嘆いた。

投資会社Piper Jaffrayが11日(現地時間)に公表した、10代の消費者を対象としたアンケートでも、アディダスやヴァンズ(Vans)の台頭により、ナイキの独占状態が崩れつつあることが分かった。高所得層の10代に限れば、46%が他ブランドと比べて、ナイキを支持するとの結果が出ているものの、昨年の51%と比べると、数字は落ちている。

ナイキの売り上げも、第3四半期は3%減り、CEOのマーク・パーカー(Mark Parker)氏は決算報告で、プロモーションを重視する市場の傾向が、同社にとっては引き続き向かい風になると述べた。同社は第4四半期で、更なる売り上げの減少を見込む。

「我々は市場がまだ動的かつプロモーション重視の状況にあると見ており、これが実店舗(の業績)に明らかに影響している」とパーカー氏は投資家らに説明した。

ナイキのCFOアンドリュー・キャンピオン(Andrew Campion)氏は投資家らに、値引きの影響は短期的な問題だと説明している。

「短期的には、プロモーション重視の市場によって、価格や値引きの設定に多少の圧力がかかるだろう」キャンピオン氏は言う。「しかし我々は、これが短期的な影響に留まると確信している」

ともあれ、ナイキを安く買うなら今がチャンスだ。

[原文:Nike's 'unprecedented' 40% off sale reveals how big the brand's problems are

(翻訳:忍足 亜輝)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい