3分の1が捨てられている!? 世界の食料廃棄の現状 —— 最も捨てられる食料とは

廃棄される食品

飢餓に苦しむ8億人に必要な食料の2倍以上が毎年廃棄されている。

Brian Finke/National Geographic

国連によると、今日、地球上では食料の3分の1が廃棄されている。これは20億人が食べるのに十分な量であり、約7500億ドル(約84兆円)の経済損失だ。

こうした食料は、生産され、消費者の食卓に並ぶまでの全ての段階で廃棄されている。時には、ただ見た目が悪いからという理由で。

畑では「見た目の悪い」野菜は収穫されず、腐るまで放置される。食料品店では、傷んでいる野菜や果物は(まだ食べられる状態だとしても)廃棄される。そして家庭では、食べ残しはそのまま捨てられ、生鮮食品は賞味期限が切れる前に捨てられる。

食料廃棄は、モラルの問題だ。廃棄される食料の量は、世界で飢餓に苦しむ約8億人を2回養ってもまだ余る量だとナショナル・ジオグラフィックは指摘する

同誌が2016年に国際連合食糧農業機関(FAO)のデータを確認したところ、一部の食品は他の食品よりも多く廃棄されていることが分かった。

食品カテゴリーごとの廃棄率をランキング形式で紹介する(なお、廃棄率はそのカテゴリー全体の生産量のうち、何割が廃棄されているかを表す)。




7位:牛乳、ヨーグルト、チーズ —— 17.1%

チーズ

Crown Finish Caves


6位:鶏肉、牛肉、豚肉 —— 21.5%

牛肉

Shutterstock/Pavlo_K


5位:レンズ豆、グリーンピース、ひよこ豆、油の精製に使われる種 —— 22.1%.


4位:シリアル、パン、米 —— 29.1%

シリアル

Hollis Johnson


3位:マグロ、サーモン、エビ、その他魚介類 —— 34.7%

サーモン

wordridden/Flickr


2位:果物、野菜 —— 45.7%

果物

Army Medicine/Flickr


1位:ジャガイモ、ビート、ラディッシュ、ニンジン —— 46.2%

ジャガイモ

Reuters/Vasily Fedosenko


[原文:A third of the planet's food goes to waste — here's what we throw out the most

(翻訳:Yuta Machida)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい