アマゾンは止まらない —— 倉庫の面積が週に9万平方メートルのペースで拡大中

ジェフ・ベゾス氏

アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏。

David Ryder/Getty

アマゾンは文字通り、拡大している。

投資銀行ジェフリーズのメモによると、同社の倉庫の面積は、週に100万平方フィート(約9万3000平方メートル)のペースで拡大しており、今後4、5年で現在の2倍になる可能性がある。

倉庫の拡大により、アマゾンは5万人以上が暮らすアメリカの382全ての都市圏への配送が可能になるだろうと、ジェフリーズのアナリスト、ブレント・ティル(Brent Thill)氏はメモに記している。同氏は、今後18カ月でフルフィルメント施設の専有面積が、アメリカ国内で36%、アメリカ国外で23%拡大すると見ている。

ジェフリーズは、アマゾン株の目標価格を1008.82ドルから、これを24%上回る1250ドルに引き上げた。

同日配送、翌日配送といった配送スピードでウォルマートやその他の小売業者と競合する中、アマゾンはその施設を拡大し続けている。これは、新たに買収したホールフーズを含む、同社の食料品配達サービス事業の足場固めの役割も果たしている。ティル氏はまた、プライム会員とホールフーズの顧客を共有、両社で活用することで、顧客単価を上げ、配送コストが抑えられると言う。

ウォルマートも、より多くのオンライン注文に対応するため、実店舗や物流センターのてこ入れを図っている。しかし、顧客が重複していることやそのリーチを考えれば、アマゾンの優勢は続くだろうとティル氏は言う。「競争という意味では、我々はウォルマートやその他の実店舗を持つプレーヤーが、アマゾンに対し、勝ち目のある戦いを挑んでいるとは見ていない」

アマゾンの決算報告は、10月26日に予定されている。同社の株価は、今年に入って33.71%上昇している。

アマゾンの株価チャート

※画像をクリックすると、最新の株価情報に移動します。

Markets Insider

[原文:JEFFERIES: Amazon is adding 1 million square feet of warehouse space a week — and not slowing down anytime soon (AMZN)]

(翻訳:まいるす・ゑびす)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み