2019年開港予定! 写真で見る、北京で建設中の「北京大興国際空港」

建設途中の屋根

Reuters/Jason Lee

北京の42マイル(約68キロメートル)南で現在建設中の「北京大興国際空港(仮名)」は、完成すれば世界最大の空港となる。

北京にはすでに「北京首都国際空港」が存在しており、同空港には2008年、北京オリンピックに先駆け、新しくターミナルが追加された。しかしその後も需要は高まり続け、ロイターによると、北京大興国際空港はその需要の緩和を目的に建設されている。

開港は2019年とまだ少し先だが、詳細を見ていこう。




このプロジェクトは2014年、習近平政権下で始まった。

横から見た骨組みその1

Thomson Reuters

空港には高速道路もしくは高速鉄道でアクセスできる。厳密に言うと河北省に位置するが、北京に十分近いので、北京首都国際空港の混雑緩和につながるはずだ。

建設途中の屋根その2

北京郊外に建設中の北京大興空港ターミナルの内側。

Thomson Reuters

北京首都国際空港もかなり大きい。同空港の2016年の乗降客数は世界2位。これを上回るのは、アメリカのハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港だけだ。

上空から見た空港

Arch Daily

出典:Business Insider

ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港は、世界で最も忙しい空港だ。1日の平均乗降客数は27万5000人。ターミナルビルの面積は680万平方フィート(約63万平方メートル)。

空港のロビー

REUTERS/Tami Chappell

出典:Hartsfield-Jackson Atlanta International Airport

建設中の北京大興国際空港は、このハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港に匹敵する空港となるだろう。開港当初の年間乗降客数は4500万人を見込むが、最終的には年間1億人が利用できるようになる。

完成図を説明する男性

Thomson Reuters

北京大興国際空港の面積(滑走路を含む)は、18平方マイル(約47万平方キロメートル)に及ぶ予定で、建設には5万7000トンの鋼材が使用される。

横から見た骨組み2

Thomson Reuters

建設費用は総額約120億ドル(約1兆3500億円)に上る。

建設途中の屋根

Thomson Reuters

開港後は、中国の航空大手3社のうち2社が、北京大興国際空港を利用する予定だ。同空港の乗降客のほとんどが、中国東方航空と中国南方航空の利用客となるだろう。

中国東方航空の旅客機

REUTERS/Jon Woo

北京大興国際空港は2019年に開港予定。

横から見た骨組みその3

Thomson Reuters

[原文:Beijing has unveiled a $12 billion airport that's the biggest in the world — here's the first look

(翻訳:Yuta Machida)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい