故ジョブス氏のBMW Z8がオークションに、予想落札価格は40万ドル

故ジョブズ氏が所有していたBMW Z8

Karissa Hosek courtesy of RM Sotheby's

  • 故スティーブ・ジョブズ氏が所有していたBMW Z8が12月、オークションに出品される。
  • スマートなロードスターの予想落札価格は、30~40万ドル。
  • ジョブス氏は2000年、アップルCEOに正式に就任した後にこの車を購入した。

お金があれば、故スティーブ・ジョブズ氏が所有していたオープンカー、BMW Z8に乗ってクルーズできるかもしれない。

12月6日にニューヨークでオークションにかけられるZ8の初代オーナーは、アップルを創業したジョブス氏。カラーはシルバー、ボディはチタン製、インテリアは黒のレザーで統一されている。記録されている走行距離は1万5200マイル。

落札予想価格は30~40万ドル(約3400~4500万円)で、少なくとも故ジョブス氏が2000年に購入したときの倍以上となりそうだ。同氏は購入後3年でこのコンバーティブルを手放している。

Z8には、所有者名として「Jobs, Steven P.」と記載されたカリフォルニア州の登録証の写しと、オリジナルアクセサリーのモトローラ製の携帯電話も付属している。

「面白いことに、ただし意外でもないが、ジョブス氏はモトローラの電話を嫌っていたようだ」とオークションを主催するサザビーズのウェブサイトに記載されている。

モトローラの携帯電話

Karissa Hosek courtesy of RM Sotheby's

故ジョブス氏はカーマニアではなかったが、サザビーズによるとドイツデザインを好んでいた。他にはメルセデスベンツSLやBMWのオートバイなどを所有していた。BMW Z8は、オラクルの創業者でビリオネアのラリー・エリソン氏が、最新の自動車工学とエルゴノミクスがアップル製品や故ジョブス氏の性格と共通すると説得し、購入させたという伝説がある

故ジョブス氏は前任者のギル・アメリオ(Gil Amelio)氏の後を受けて暫定CEOを務めた後、2000年に正式にCEOに就任した。その年のアップルの時価総額は約50億ドルだった。

歴史好きやアップルファンは間違いなく、歴史的な価値のあるこの車に惹かれることだろう。自動車情報サイト、オートトレーダー(Autotrader)のダグ・デムール(Doug DeMur)氏によると、BMW Z8の2000年発売当時の価格は12万9000ドル、そして今でも20万ドル以上で取り引きされている。故ジョブス氏の所有車だったことを考慮するとお買い得だ。

[原文:A BMW sports car once owned by Steve Jobs is going up for auction — and it's expected to sell for up to $400,000

(翻訳:Tomoko A.)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中