テスラ、2020年から中国で生産開始へ —— モデルYとモデル3に注力

モデル3

モデル3。

Timothy Artman/Tesla

  • テスラは中国に工場を作り、2020年から自動車の生産を開始する計画。
  • 中国の工場では、まずモデルYとモデル3の生産に注力する。

テスラは今後、約3年以内に中国で自動車の生産を開始する計画だ。同社CEOのイーロン・マスク氏が1日(現地時間)、第3四半期の決算発表の中で明らかにした。

中国での生産をめぐっては、ウォール・ストリート・ジャーナルが、テスラと上海市政府が、現地にテスラ単独で工場を建設することで合意したと報じていた。マスク氏は1日、テスラが生産拠点を設立し、2020年から年間「数十万台」を生産し始めると述べた。

工場で生産された自動車は中国国内で販売され、その他の周辺国に輸出する可能性もあるとマスク氏は話している。中国工場では、モデル3とモデルYの生産に注力する予定。

「中国で自動車を販売するには、これが唯一の方法だ」と、マスク氏は言う。

モデル3はテスラ初の大衆向けの車種で、その価格は3万5000ドル(約400万円)から。モデル3に対する需要は高いが、同社はその生産に苦戦している。コンパクトSUVのモデルYは、2020年から販売される予定だ。

[原文:Elon Musk said Tesla aims to start producing cars in China in 2020 (TSLA)

(翻訳:編集部)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい