970億円投入! シンガポール航空のA380、豪華スイートなどを刷新

 Airbus A380 suite

シンガポール航空、エアバスA380の新しいスイート。

Singapore Airlines

  • シンガポール航空はエアバスA380の新しい機内装備を発表。
  • スイート、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの設備を刷新した。
  • 新しい機内装備は19機に導入、費用は8億5000万ドル(約970億円)。

シンガポール航空は11月2日(現地時間)、エアバスA380の新しい機内装備を発表した。

シンガポール航空はA380のローンチカスタマー(新型機製造をサポートし、1号機を受け取る航空会社)で、同機の保有数は世界第2位。A380は就航から10年が経過しており、今回、機内装備を刷新することとなった。

「新しい機内装備導入のための大規模な投資は、機体やサービスへの継続的な投資を行うという我々の意志、業界リーダーとしてのポジションを維持するための長期的アプローチ、そしてプレミアム・フルサービスエアラインの将来像に対する自信を示している」とCEOゴー・チュン・ポン(Goh Choon Phong)氏は語った。

「新しい機内装備は4年におよぶ作業の集大成。広範囲なカスタマーリサーチを行い、デザイナーやサプライヤーと密接な関係を築いてきた」

19機のA380の機内装備のデザイン、開発、導入の費用は約8億5000万ドルに上る。

新しいA380の座席は471席、4つのクラスに分かれている。2階のアッパーデッキにスイート6席とビジネス78席、1階のメインデッキにプレミアムエコノミー44席とエコノミー343席となる。

シンガポール航空のエアバスA380の新しい機内を見てみよう。


就航から10年、シンガポール航空はエアバスA380の機内装備を刷新する。

飛行中の Airbus A380

Singapore Airlines


2階アッパーデッキの前方に新しいスイート6席を設置。ベッド、イタリア「ポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)」製の革張りのリクライニングチェアが備えられている。ベッドは使用時以外は格納できる。

ベッドとリクライニングチェア

Singapore Airlines


スイートは2席を連結可能。

2部屋をひとつに

Singapore Airlines


カップルは一緒に過ごせる。

くつろぐカップル

Singapore Airlines


32インチモニターと小物入れが設置されている。

収納

Singapore Airlines


洗面所は1つだけではなく...

ファーストクラスのバスルーム

Singapore Airlines


2つ。うち1つには椅子付きのドレッサーも。

sit-down vanity

Singapore Airlines


スイートの機内食は、ロブスター・テルミドールや

機内食ーロブスター

Singapore Airlines


仔牛のフィレステーキのような西洋料理と、

機内食ーステーキ

Singapore Airlines


バクテー(スペアリブの漢方スープ)、

機内食ースープ

Singapore Airlines


エビとチキンのラクサのような伝統的な東南アジア料理のミックス。

機内食ーエビとチキンのラクサ

Singapore Airlines


2階アッパーデッキにはスイートのほか、ビジネスクラス78席を設置。

ビジネスクラス

Singapore Airlines


シートは幅25インチ(約64センチ)、シートピッチ50インチ(約127センチ)。コクーン型でプライバシーが保たれている。78インチ(約2メートル)のベッドにもなる。ビジネスクラスもポルトローナ・フラウ製の革張りシートを採用。

ビジネスクラスシートでパソコン

Singapore Airlines


ビジネスクラスの中央列は2席を連結可能。家族連れに最適。モニターは18インチ。

ビジネスのシート連結

Singapore Airlines


ビジネスクラスの機内食はナルミの器で提供。

Narumi chinaware

Singapore Airlines


1階メインデッキにはプレミアムエコノミークラス44席。

 premium economy seats

Singapore Airlines


シートは幅19.5インチ(約50センチ)、シートピッチは38インチ(約1メートル)。13.3インチモニターとノイズキャンセリングヘッドホン。

 premium economy seatsのリクライニング

Singapore Airlines


プレミアムエコノミーの機内食も素晴らしい。やはりメニューは東洋と西洋のミックス。写真はナシレマとフライドチキン。

機内食ーフライドチキンなど

Singapore Airlines


ローストチキンライス。

機内食ーチキンライス

Singapore Airlines


パンケーキとスクランブルエッグ、メープルシロップ付き。

機内食ーパンケーキ

Singapore Airlines


トマトクリームのバジルソースがけシーフードパスタ。

機内食ーシーフードパスタ

Singapore Airlines


そしてエコノミークラス。多くの人が過ごすのはここだ。

エコノミー

Singapore Airlines


シートの幅は18.5インチ(約47センチ)、シートピッチは32インチ(約82センチ)で6インチ(約15センチ)リクライニングできる。

エコノミーの家族連れ

Singapore Airlines


モニターは11.1インチ。座席で充電もできる。

エコノミーのカップル

Singapore Airlines


全席でシンガポール航空の機内エンターテイメントシステム「クリスワールド」を楽しめる。

KrisWorld infotainment system

Singapore Airlines


ブックマークや画面のカスタマイズが可能。

カスタマイズできる画面

Singapore Airlines


新しい機内装備は12月、5機の新しいA380でデビュー。既存の14機も順次改修予定。

離陸

Flickr/Aero Icarus


[原文:Check out Singapore Airlines' stunning new Airbus A380 luxury suites

(翻訳:仲田文子/山口玲子、増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい