政府が年度内に副業容認へ——長時間労働不安、社会保険はどうなる?

↩︎記事に戻る
1 / 3 >

横断歩道を通行する働く人たち

2018年、複業キャリア時代が幕を開ける。

撮影:今村拓馬

新卒から定年まで生涯1社で働く終身雇用の考え方が大きく変わろうとしている。政府は年度内にも、副業・兼業の事実上の解禁に踏み切る。国がつくるモデル就業規則の副業禁止規定を改定すると同時に、長時間労働を招かないよう労働時間や健康管理の指針を盛り込んだガイドラインの策定にすでに着手。来春、公開する見込みだ…[続きを読む]

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中