iPhone Xの“最も気になる部分”を隠す壁紙が登場

iPhone X

Hollis Johnson

・iPhone Xにはディスプレイの上部に「ノッチ(切り込み)」がある。

・だが、壁紙で隠すことができる。

iPhone Xの特徴ともいえる画面上部の「切り込み」、気に入っている人もいるようだ。ここには最新鋭の3Dセンサーが隠されている。

「切り込み」、つまり「センサーハウジング」は、iPhoneの画面上部を分割し、左右に分かれた「耳」と呼ばれる部分には電波状況やバッテリー残量などの情報が表示される。

だが、「切り込み」を隠したい人もいるだろう。

アレックスステファニーがTwitterに投稿した壁紙を使うと、切り込みを隠すことができる。壁紙の上部には黒い帯があり、iPhone Xに設定するとまるで切り込みがないように見える —— 黒い帯だけだ。

アップルの開発者向けガイドラインは、アプリ開発者は切り込みを含むか、あるいはアプリの一部に切り込むことを前提にユーザーインターフェイスを開発するよう推奨している。

この壁紙は逆 —— つまり、少なくともロック画面とホーム画面で、iPhone Xの黒い部分をより太く表現することで切り込みを隠した。

設定方法を紹介しよう。



これがフル解像度の壁紙(アレックスのツイートからもダウンロード可能)。これをダウンロードし、カメラロールに保存。

壁紙

AHuberman1/Twitter


設定 > 壁紙 > 壁紙を選択。

設定画面

Screenshot


注意:切り込みを全て隠すには、壁紙を「静止画」に設定し、黒い帯が切り込みを全て隠すよう調整する。

設定画面

Screenshot


クール!

設定後の画面

Hollis Johnson


通常はこんな感じ。

iPhone X

Hollis Johnson


(敬称略)

[原文:This wallpaper hides the most controversial part of the iPhone X

(翻訳:塚本直樹/編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい