鯉の餌やりから紫禁城訪問まで —— 写真で見る、トランプ大統領のアジア歴訪

習近平国家主席とトランプ大統領

習近平国家主席(左)とトランプ大統領(右)。中国の子どもたちと。

White House via Flickr

アメリカのトランプ大統領は、12日間で5カ国をまわるアジア歴訪のちょうど半分を消化したところだ。

大統領の前にはまだまだ多くの外交的課題が待ち受けているが、日本や韓国、中国を訪問する中で、すでに多くの印象的な瞬間 —— 時に突飛で、時に心温まる瞬間 —— があった。

12枚の写真で振り返ろう。


ハワイから日本に到着した直後、トランプ大統領は安倍総理とゴルフへ。写真は「グータッチ」をする2人。

トランプ大統領と安倍総理

ラウンドするトランプ大統領と安倍総理。

Kyodo/Reuters

安倍総理には、日米同盟を記念した特注の帽子が贈られた。帽子には金色の文字で「ドナルド&晋三。同盟をより強固に」と書かれている。

記念帽子を持って記念撮影に応じるトランプ大統領と安倍総理

Pool/Reuters

メラニア夫人は、東京の京橋築地小学校を訪問。習字の授業に参加した。

メラニア夫人と子どもたち

Pool/Reuters

Source: CNN

アメリカで話題になったのは、迎賓館での「鯉の餌やり」だ。ネット上では当初、トランプ大統領が餌を投げ捨てるかのように一気にやる様子が無礼だとして注目を浴びたが、後にそれは、単に安倍総理のやり方を真似ただけだと分かった。

鯉の餌やり

Jonathan Ernst/Reuters

Source: Business Insider

トランプ大統領は天皇皇后両陛下とも会見した。オバマ前大統領のようにお辞儀をするのではなく、トランプ大統領は天皇と握手をした。

天皇皇后両陛下とトランプ大統領

天皇皇后両陛下(右)と会見するトランプ大統領(左)。

Pool/Reuters

Source: Business Insider

横田基地を訪問した際には、米軍から茶色のボマージャケットを贈られた。トランプ大統領はこれを着用して演説した。

ボマージャケットを着たトランプ大統領

Jonathan Ernst/Reuters

次に訪問したのは韓国だ。北朝鮮をめぐる難しい話い合いが待っていた。だが、文在寅大統領との関係は悪くはなさそうだ。

トランプ大統領と文在寅大統領

トランプ大統領(左)と文在寅大統領(右)。

Chung Sung-Jun/Getty Images

ソウルの国立墓地で行われた式典に参列したトランプ大統領は、白い手袋をはめて焼香した。

焼香するトランプ大統領

Pool/Getty Images

メラニア夫人は日本に続き、韓国でも子どもたちと時間を過ごした。韓国の人気グループSHINeeのミンホさんも同席した。

メラニア夫人とミンホさん

メラニア夫人(左)とK-POPのアイコン的存在のミンホさん(右奥)。

White House via Flickr

Source: Business Insider

韓国の次に訪れたのは中国だ。

習近平国家主席とトランプ大統領

Andrew Harnik/AP

紫禁城を訪れたトランプ大統領は、精巧な衣装に身を包んだパフォーマーたちの歓迎を受けた。

パフォーマーと握手するトランプ大統領

Andrew Harnik/AP

豪華な公式晩餐会を前に、トランプ大統領と習主席は打ち解けた様子を見せた。2人の後ろには両夫人の姿もある。両国の首脳は互いに尊敬を深め合ったようだ。トランプ大統領は今日、中国からベトナムへ向かった。

談笑する習近平国家主席とトランプ大統領

Thomas Peter/Reuters

Sources: ABC, Business Insider

[原文:From overfeeding koi fish to visiting the Forbidden City — here are the best photos so far from Trump's 12-day trip to Asia

(翻訳/編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい